« blog はじめました | トップページ | 「『水からの伝言』を信じないでください」を読んで考えよう »

2006年11月22日 (水)

機嫌が悪い

実質的に最初の書き込みがこれだというのはどうかと思うが、事実だからしかたない。

今週は機嫌が悪いのである。

なぜなら、今週の試合でデンヴァーが負けたのだ。
(なんのことだかわからない人は旧サイトに飛んで「愚痴の捨て所」全6年分余を読んでみよう ^^;)

現在デンヴァーは地区首位だがサンディエゴと同率で並んでいる。
今週の試合はそのサンディエゴを地元に向かえての直接対決。シーズンも後半に入りつつあるこの時期、どうしてもとっておきたい試合だった。その試合を落としたのだ。

しかしただ負けただけならそれほど機嫌が悪くならない。
その負け方がどうにも納得のいかない負け方だった。

終盤まで勝っていた試合をひっくり返されたのはいい。
そんな試合は昨年まで何度も見てきた。デンヴァーの持病だと思えないこともない。

場面は後半も4Q、残り3分10秒。スコアは27-28でわずかに1点差。
デンヴァーの攻撃だがすでに4ダウンとなり、ポジションは自陣38ヤードという状況。

実はこの試合、三十一は会社の昼休みに自席で見ていた。
テレビではなく公式サイトのスコアブックをリアルタイムで見ていたのだが、このとき三十一は当然パントを蹴るだろうと思っていたのだ。
まだタイムアウトも1つ残っていたはずだし、残り3分10秒ならこの厳しい位置で無理をする必要はないはずだ。

しかしリロードした三十一は愕然とした。
デンヴァーのヘッドコーチ・シャナハンはギャンブルに出たあげくインターセプトをくらい、敵にボールを献上した上にエンドゾーンの手前23ヤードまで進まれてしまった。
結果、やすやすとタッチダウンを許し残り時間1分あまりで35-27に差を広げられた。

ここ何年かのシャナハンはよくこういう、いい言い方をすれば強気な、しかし三十一からみると無謀なプレーを選択して墓穴を掘ることがある。
この敗戦でデンヴァーの状況はかなり厳しくなった。
そろそろシャナハンも交代したほうがいいんじゃないか?

|

« blog はじめました | トップページ | 「『水からの伝言』を信じないでください」を読んで考えよう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/12783394

この記事へのトラックバック一覧です: 機嫌が悪い:

« blog はじめました | トップページ | 「『水からの伝言』を信じないでください」を読んで考えよう »