« 「うぃきぺでぃあ」を信じないでください | トップページ | 「ご愁傷様二ノ宮くん6」 »

2006年12月 1日 (金)

「鉄道忌避伝説の謎」

著者の青木栄一氏は交通史学者の第一人者だと三十一が勝手に思っている人物。「シーパワーの世界史」の最終巻は出ることがあるんだろうか。もし出たら少なくとも1冊は売れるはず。

この本では、誰もが一度は聞いたことがあるはずの「鉄道がはじめて引かれたころ、旧来の宿場町が反対したため、離れたところに線路が敷設された」という話が「伝説」にすぎず歴史的事実ではない、と言う。確かに当時の市街地からややはずれたところに駅や線路が設けられた例は多いが、密集した市街地の真ん中に線路をひいたり、駅を作るのはそれほど簡単なことではない、というのだ。考えてみればその通りである。
しかし後年、駅と旧市街の位置関係からそんなことを想像した当時の事情をしらない人物がまことしやかに「伝説」を伝えたのだろう。

この本を読んでいて思ったのが、「鉄道」というシステムに対する世人の無関心である。著者も「鉄道史はアカデミズムの対象ではなく趣味の部類に属すると考えられてきた」という趣旨の記述をしている。
三十一の実感でも、自動車などの類推で鉄道を語るものがけっこう多いようだ。「前に電車が詰まっている」と聞いて「もっと車間距離をつめればいいのに」と発言する輩とか、「電車はハンドル切らないでいいから運転は自動車より簡単だよね」という連中のことである。鉄道というシステムを知るものには噴飯ものの発言なのだが、同調する人間は珍しくない。
鉄道線路が市街地からはずれたことにありもしない「反対運動」を持ち出す人間が、国道のバイパスが町はずれの水田の真ん中を通っていることには何の疑問も持たないのは不思議である。

困ったことにこの「伝説」は初等教育の場であたかも事実であるかのように教えられているらしい。教える側の教師も疑問を抱く様子がないことから、この「伝説」がどれくらい「普及」してしまったかがわかるというものだ。しかし鉄道史の世界では「鉄道忌避」が「伝説」にすぎないことはかなり共通の認識となっているという。学校で嘘を教えるのは勘弁してもらいたい。「水伝」とやってることが変わらないぞ・・・

|

« 「うぃきぺでぃあ」を信じないでください | トップページ | 「ご愁傷様二ノ宮くん6」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/12896609

この記事へのトラックバック一覧です: 「鉄道忌避伝説の謎」:

» 『鉄道忌避伝説の謎』感想続き~マニアだからできたこと [筆不精者の雑彙]
 昨日の記事に引き続き、青木栄一『鉄道忌避伝説の謎』を読んで思ったことを書こうと思います。  昨日紹介したサイトの中でも、本書の著者の青木先生について「交通史学者の第一人者」と述べられた方がおられたとおり、青木先生は地理学の、ことに交通地理学・歴史地理学の大御所的存在でありますが、しかしまた同時に、『鉄道ピクトリアル』や『世界の艦船』読者の方ならば先刻ご承知の通り、稀代の鉄道趣味者にして軍艦・海事にも通暁しておられる、鉄道マニアや軍艦マニアの大親分ともいうべき存在でもあります。  小生思うに... [続きを読む]

受信: 2006年12月21日 (木) 16時17分

« 「うぃきぺでぃあ」を信じないでください | トップページ | 「ご愁傷様二ノ宮くん6」 »