« クラシック音楽少女漫画を大人買いする | トップページ | 「戦争の日本史1・東アジアの動乱と倭国」 »

2006年12月15日 (金)

映画「硫黄島からの手紙」

先週に引き続き、今週は日本担当分を。アメさんのほうはわりとすいてたのに、こっちは行列ができていた。理解できん。とは言え、三十一もその行列作りに一役買ってるわけだが。

戦争映画では戦闘シーン描写にもっとも重きを置く三十一の正直な感想は、「ふたつ見る必要はなかった」というもの。「星条旗」にない独特のシーンというのはほとんど見受けられず、むしろ「これ『星条旗』の使い回しじゃねえ?」というシーンが多い。

そういう観点を離れて見ると、とにかく渡辺謙がすべて。少しいい人すぎるような気がするけど。準主人公の元パン屋の兵士の苦悩もさんざん使い古されてきたテーマだ。永遠のテーマと言えないこともないが。中村獅堂(漢字あってる?)が演じる将校はあまりにステレオタイプ。ステレオタイプな役なりの掘り下げ方が欲しかったけど、そのへんがおざなりなのでリアリティがない。

両方見て初めてつながるようなシーンがいくつかあるけど、それだけのために見るのはちょっともったいない。個人的にはアメリカ版だけで十分だった。

|

« クラシック音楽少女漫画を大人買いする | トップページ | 「戦争の日本史1・東アジアの動乱と倭国」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/13082052

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「硫黄島からの手紙」:

« クラシック音楽少女漫画を大人買いする | トップページ | 「戦争の日本史1・東アジアの動乱と倭国」 »