« カンファレンス・チャンピオンシップ | トップページ | 「天皇たちの孤独」 »

2007年1月23日 (火)

3/18 JR時刻改正

3月18日に予定されているJRグループのダイヤ改正の概要が、今月発売された鉄道雑誌に一斉に掲載された。「一斉に」と言えるくらいたくさんの鉄道雑誌を購読してるのかというと、実はその通りである。
それはそうとして、そのダイヤ改正の中で三十一がもっとも注目したのは、普段通勤に使っているJR常磐線へのグリーン車連結ではなく、また特急「東海」廃止でもなく、コンテナ急行貨物列車の26両連結列車運転区間が東京~岡山から北九州まで延伸されるという記事であった。
これまで岡山以西は24両1200トンが最大だった。この区間で26両1300トンが実現できなかったのは、広島の少し東側、いわゆるセノハチ(瀬野~八本松)の急勾配のせいだ。JRになって新製された強力機関車EF200を使えばこの区間での1300トン列車も無理な話ではなかったのだが、この大パワー機関車が引く列車が何本も行き交うには変電所の能力が不足していたのである。かねて計画されていた能力増強がこのたび完成し、上下あわせて19本の1300トン列車が岡山以西に入ることになった。そういや、これまでもっぱら北海道直通列車に使われていたEH500が門司に配置されるようになったそうなので、こういう1300トン列車をEH500が牽引して東海道をのぼってくることになるのかな。

|

« カンファレンス・チャンピオンシップ | トップページ | 「天皇たちの孤独」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/13634264

この記事へのトラックバック一覧です: 3/18 JR時刻改正:

« カンファレンス・チャンピオンシップ | トップページ | 「天皇たちの孤独」 »