« プレーオフに行き損ねた | トップページ | ライスボウルを観た »

2007年1月 2日 (火)

「"文学少女"と繋がれた愚者」

これもシリーズ。3冊目になる。1冊目にあたる「"文学少女"と死にたがりの道化」は「このラノ」で一位になったらしい。だがそんなこととは関係なく三十一は野村美月の小説は基本的に読むことにしている。これは遠回しに三十一の先見の明を自慢しているのである。

ネタばれになるのであまり詳しく書けないが、正直誰と誰がカップリングされることになるのかわからなくなってきた。1冊目を読んだ時は当然「遠子×心葉」だと思ったのだが、最近「ななせ×心葉」も"あり"かと思うようになってきた。

今回のネタは武者小路実篤の「友情」。小説自体は未読だが、この小説を芝居にするという同じプロットを、ずいぶん昔に少女漫画で読んだことがある。捨てた覚えはないので、今でもどこかにあるはずだなあ。沖倉利津子の・・・タイトル忘れた。

|

« プレーオフに行き損ねた | トップページ | ライスボウルを観た »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/13312042

この記事へのトラックバック一覧です: 「"文学少女"と繋がれた愚者」:

« プレーオフに行き損ねた | トップページ | ライスボウルを観た »