« 「オオカミさんとおつう先輩の恩返し」 | トップページ | 「ネコのおと」 »

2007年1月 5日 (金)

クビを切られるコーチたち

結局のところ、今年も何人かのヘッドコーチがやめていくことになった。

確定はアリゾナのグリーン(これは予想通り)、それからアトランタのモーラと、マイアミのセイバン。セイバンはカレッジに戻るらしい。カレッジでいい成績を残したからといって、プロで成功するとは限らないというのは、何年か前のスパリアーのケースを見てもわかるが、またもそれを実証してしまったということか。
ピッツバーグのカウアーもほぼ間違いないらしい。そしてオークランドはわずか1年でアート・シェルを切った。もっとも、何らかの形でチームには残るらしいのだが、1年とか2年でころころコーチを変えていて効果があると考えるほうがおかしいんじゃないかと思うが、何しろオーナーがオーナーだからなあ。

|

« 「オオカミさんとおつう先輩の恩返し」 | トップページ | 「ネコのおと」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クビを切られるコーチたち:

« 「オオカミさんとおつう先輩の恩返し」 | トップページ | 「ネコのおと」 »