« アニメ版「ロケットガール」 | トップページ | H-2AF12打ち上げ »

2007年2月25日 (日)

ハチロク復活

今月の鉄道雑誌で一番目をひいたニュース。
JR九州で一昨年夏まで「SLあそボーイ」を牽引していたSL58654号(8620形、いわゆるハチロク)は老朽化のために運行を停止していたが、このたび修繕をほどこした上で復活することになった。
そもそもハチロクが運転を停止したのは人間で言えば背骨にあたる台枠のひずみが根本原因であったからさすがに復活は無理だろうと三十一は思っていた。しかしJR九州では台枠を新製して交換するという大工事を行なって2009年には運行を再開したい意向だという。

JR九州がこうした大きな投資をしても復活に踏み切ったのは、要するにそれでも充分回収できると踏んだからに違いないが、明るいニュースであることは間違いない。大正年間に製造されたハチロクは車齢80年を越えてなお走り続けることになる。背骨である台枠を交換した車両が果たしてそれまでと同じものであると言えるかどうかは微妙だけれども、そこをとやかく言うのは野暮であろう。

|

« アニメ版「ロケットガール」 | トップページ | H-2AF12打ち上げ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/14041111

この記事へのトラックバック一覧です: ハチロク復活:

« アニメ版「ロケットガール」 | トップページ | H-2AF12打ち上げ »