« 「世界平和は一家団欒のあとに」 | トップページ | ぜいたくな悩み »

2007年3月30日 (金)

ロケットガール第6話

アニメが始まってからもちろん毎週見ているのだが、ちゃんとしたOPになったのはやっと6話目から。まあそれはそれ。

ひとつ気になったんだけど、別に間違ってるというわけではないんだけど、でも耐熱シールドの真ん中に穴をあけて、そこからOMSのノズルが飛び出しているというタンポポの設定はいかがなものかと思う。

逆噴射だけならマーキュリーとかヴォストークみたいにレトロパッケージを耐熱シールドの上に貼り付ければいいわけだが、確かタンポポは大きな軌道変更能力をもっているという設定のはずだったから、それだけじゃ力不足かもしれない。だったらジェミニとかアポロとかソユーズみたいにモジュール化すればよかったのだ。

こんなことじゃあ、耐熱タイルのど真ん中に着陸脚の収納扉を作るという冒険を敢えてしたNASAを笑えないんじゃあ・・・

|

« 「世界平和は一家団欒のあとに」 | トップページ | ぜいたくな悩み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/14454012

この記事へのトラックバック一覧です: ロケットガール第6話:

» (アニメ感想) ロケットガール 第6話 「コントロール −control−」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
ロケットガール 1 通常版 ついに宇宙へと飛び立つことに成功したゆかり。しかし、喜びも束の間。タンポポは、予定の軌道から大きく逸れていたことが判明する。そして、さらなるトラブルが・・・。... [続きを読む]

受信: 2007年4月 1日 (日) 10時46分

» レビュー・評価:ロケットガール/MISSION 06 コントロール [ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン]
品質評価 20 / 萌え評価 6 / 燃え評価 12 / ギャグ評価 12 / シリアス評価 36 / お色気評価 10 / 総合評価 16レビュー数 50 件 たびかさなる延期にがまんができず、打ち上げを強行させたゆかり。しかし、ゆかりの乗るオービター(宇宙船)タンポポは、予定の軌道からおおきくそれてしまっていた。管制室が帰還プランを検討する中、さらに予想外のトラブルが発生。ゆかりははじめての船外活動にまで挑戦するはめになってしまう。広がる銀河の美しさに感動するゆかり。... [続きを読む]

受信: 2007年9月 6日 (木) 21時38分

« 「世界平和は一家団欒のあとに」 | トップページ | ぜいたくな悩み »