« 銚電に乗ってきました | トップページ | 誰も寝てはならぬ »

2007年5月 5日 (土)

「"文学少女"と穢名の天使」

"文学少女"シリーズ第4作。このシリーズは惰性で読んでいるわけではない。実際、評判はかなりいいらしい。
ただ、思い切り痛い話なので無条件のハッピーエンドを求める人にはむかない。痛い結末の中にかすかな希望の光を見いだしてわずかに救われた気分になれるような人でないと読んでいて辛いだろう。毎回人死にが出てるし。要するにミステリーなのかな。

だんだん遠子先輩が読めなくなってきた。はじめは脳天気な夢見るお気楽少女だと思っていたのに、最近の印象ではなんだか底知れない性格に思えてきた。

|

« 銚電に乗ってきました | トップページ | 誰も寝てはならぬ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/14961545

この記事へのトラックバック一覧です: 「"文学少女"と穢名の天使」:

» 文学少女と穢名の天使 野村美月 [本を読みながら日記をつけるBlog]
井上は・・・・・・あたしの、初恋だったんだよ “文学少女”と穢名の天使野村 美月 竹岡 美穂 エンターブレイン 2007-04-28売り上げランキング : 128Amazonで詳しく見る by G-Tools [続きを読む]

受信: 2007年5月21日 (月) 22時18分

« 銚電に乗ってきました | トップページ | 誰も寝てはならぬ »