« 転地療養 | トップページ | 「まぶらほ・さらにメイドの巻」 »

2007年6月24日 (日)

二日目・函館から名寄へ

泊まったホテルは朝市の目の前。
どうもこのホテルは、朝市で朝食がとれるというのがウリになっているらしく、朝市の中の指定の食堂で定食を食べられる食券をくれた。せっかくなので早起きして食べに行く。
しかし朝からドンブリを食べる気にもならなかったので、無難に「銀ダラ定食」を食す。時季はずれのような気もするが、じゃあ何の時季なんだと言われても思いつかないので同じことだろう。
朝食を終えて部屋に戻りのんびりしていたら、乗る予定だった特急が発車する時間が迫っていてあわてて駅に向かい、かろうじて飛び乗る。
函館から札幌まで、というこの道行きもこれまで何度か通ったことがある。しかし今回乗ってみて思ったのは、短距離利用者が意外に多いな、ということ。函館・札幌間を乗り通す人がどれくらいいるのかわからないが、もしこうした乗客が減っているとすると、北海道での札幌への一極集中、裏返しとしての地方中核都市の地盤沈下が進んでいるということだろう。函館とか帯広で商売をするくらいだったら、拠点を札幌に移してしまったほうが得策という判断によって札幌へ集中する傾向が強まって、札幌と地方都市の間の流動の規模が小さくなったのかもしれない。何ら証拠があって言ってるわけではなく、いつもの三十一の妄想なので信用しないように。

今回は、あまり札幌に長居をしないというコンセプトを自らに課しているが、今日だけは少し札幌で時間をとってみた。持ってくるのを忘れた小物類と、ガイドブックを手に入れるためだ。駅前の大丸の上のほうに本屋があるのはわかっている。言ってみたら三省堂だった。適当なガイドブックと、ちょっと前に出ているのを知った文庫を一冊。今回はあまり本をたくさんもってきていない。時間がかかりそうなのを一冊だけもってきている。この点もいつもと違う。しかしまあ、新刊の文庫くらいは買ってもいいだろう。旅行期間中に発行された毎月買っている雑誌類は、さすがに買わずに立ち読みですませる。

札幌での用事は済んだので、旭川に移動。適当な特急に乗るべくホームにあがろうとして、隣のホームにちょうどトワイライトエクスプレスがとまっていることがわかったので、そちらに向かう。考えてみれば、実物を間近で見たのは初めてだなあ。一昨年、洞爺駅で通過しているのを見たことはあるけれど。写真など撮りながらひとつのアイデアを思いついたのだが、実現できるかどうかわからないのでもう少し内緒にしておこう。

スーパーホワイトアローで旭川へ。だいぶ高架駅の工事も進んでるなあ。夕方少し前の列車に乗り換えて名寄に向かう。キハ40の2両編成だが、このあたりのローカル列車の通例でワンマン列車である。高校生がわりと目立つ。部活帰りかな。新旭川を過ぎて石北線とわかれるとまもなく旭川運転所だ。何か面白い車両が留置されていないかと窓外を注視していると、列車がおもむろに停まった。駅じゃないよな。信号待ちかな。運転所への入出庫とぶつかったかなあ、などと理由を想像していると、少ししてまた動き出した。そして目に入ったのは線路脇に置かれた昇降台と、その階段を下りていく一人のJR職員。便乗者を下ろしていやがったな。確かに、駅からここまで結構あるからなあ。近くに駅もないし、回送列車がないときにはこうやって営業列車に便乗してるわけか。運転所にはDE15のラッセルヘッドが並んでいた。しかしこれ、半端な数じゃないぞ。20台ぐらいずらりと並んでいる。全部生きてるのかなあ。

各駅停車の列車は、もちろん各駅に停まっていく。南比布なんか、ここに駅がある意味があるのかとすら思う。どこから駅にアプローチしてるんだろう。当初の予定では塩狩駅でいったんおりて周囲をうろつき、25分後の列車で名寄に向かうつもりだったのだが、塩狩峠に近づくにつれて雨が降ってきた。それもわりと本降りだ。もういいや、このまま名寄まで行ってしまおう。6時過ぎに名寄につく。名寄に着く直前に、線路脇にキマロキ編成が保存されてるのが見えた。意表をつかれたので写真も撮れなかった。おまけに駅から歩くと結構ありそう・・・。行くのは無理かな。名寄までが宗谷本線高速化事業の対象だったので、それなりに大きな町だろうと思っていたのだが、・・・思っていたのだが、うーん。富良野よりは大きいかな。イメージとしては根室に近いかも。
P6240010




名寄で泊まるホテルは、はたして今日の宿泊客は三十一の他にいるんだろうかと心配になるような場末感ただようホテル。でも部屋の内部はわりとまとも。

本日の旅程:
函館(0830)→札幌(1147) 5003D
札幌(1400)→旭川(1520) 3015M
旭川(1625)→名寄(1824) 329D

|

« 転地療養 | トップページ | 「まぶらほ・さらにメイドの巻」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/15546090

この記事へのトラックバック一覧です: 二日目・函館から名寄へ:

» 鉄道動画 [鉄道動画]
新幹線や特急などを動画で紹介 [続きを読む]

受信: 2007年6月25日 (月) 19時33分

» 初めまして [観光総合ガイド]
管理人様、突然のごあいさつ失礼致します。私たちは皆様に楽しい旅の1ページをお手伝いする「旅」の情報サイトを運営させて頂いています。  心暖まる四季折々の観光地を毎回、更新させて頂いておりますので、是非一度ご覧ください。  もし、必要がなければお手数ですが、削除をお願い致します。 失礼します。 ... [続きを読む]

受信: 2007年7月11日 (水) 11時20分

« 転地療養 | トップページ | 「まぶらほ・さらにメイドの巻」 »