« 「世界平和は一家団欒のあとに2」 | トップページ | 転地療養 »

2007年6月23日 (土)

「海軍乙事件」

「宮中某重大事件」「満州某重大事件」「海軍甲事件」と並んで、名称だけでは何のことやら意味不明な「海軍乙事件」。わかる人(つまり三十一のことだ)はこのタイトルだけでわかるだろうけど、なんらかのサブタイトルでもつけてやったほうが親切だったかも。
この文章が最初に公になったときには、公刊戦史はまだ刊行されておらず、この「海軍乙事件」について初めて明らかにされたらしい。日本海軍に興味のある人の間ではいまやこの「事件」を知らない人はいないが、なにごとも「初めて」は評価されるべきである。
単に「初めて」というだけにとどまらず、現地陸軍部隊がゲリラと交渉して福留参謀長一行を救出する過程などは非常に詳しく記述されている。しかし日本人は普段必要もないことには妙に細かいくせに、肝心なところで突然大雑把になってしまうのはどうしてだろう。

|

« 「世界平和は一家団欒のあとに2」 | トップページ | 転地療養 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/15525804

この記事へのトラックバック一覧です: 「海軍乙事件」:

« 「世界平和は一家団欒のあとに2」 | トップページ | 転地療養 »