« 「海軍一軍人の生涯」 | トップページ | 「主君『押込』の構造」 »

2007年6月17日 (日)

神保町散策

久しぶりに土曜日の神保町を散策。何ヶ月かぶりになるだろう。
まずいつものようにその筋の古書店に入って、書棚を眺めて「しまった」と思った。戦史叢書がごっそり入荷していたのである。去年くらいまで、戦史叢書をこつこつと(というか、もりもりと)買い進めて来ていたのだが店頭に並んでいたものは全種類入手してしまい、あと残っているのは人気が高く入手が比較的困難なものだけになっていた。おかげでしばらく足が遠のいていたのである。
その買い残していた本のうち4冊を書棚に発見。特に「本土決戦準備(1)関東の防衛」は諦めかけていただけに嬉々として購入。
あと残っているのは、海軍の部「海軍航空概史」「潜水艦史」(この2冊は手に入りそうもないなあ)、陸海軍共通「大東亜戦争開戦経緯」、陸軍の部「陸軍航空の軍備と運用」「陸軍航空作戦基盤の建設運用」「陸軍軍需動員」くらい。
作戦関係で残っているのは、最近話題の「中部太平洋陸軍作戦(2)ペリリュー・アンガウル・硫黄島」だけ。
あと少しなんだけど、最後の詰めがなかなか・・・

その後、三省堂本店に行く。レイアウトが大幅に変わってるなあ。2Fのレイアウトが変わったときに「使いづらくなった」と思ったのだが、その使いづらいレイアウトが上の方の階にまで及んでいる。そのせいというわけではないが、結局何も買わなかった。
戦史叢書4冊でもう金がなかったということもあるけれど。

|

« 「海軍一軍人の生涯」 | トップページ | 「主君『押込』の構造」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/15470190

この記事へのトラックバック一覧です: 神保町散策:

« 「海軍一軍人の生涯」 | トップページ | 「主君『押込』の構造」 »