« 「まぶらほ・さらにメイドの巻」 | トップページ | 四日目・岬めぐり »

2007年6月25日 (月)

三日目・宗谷本線の旅

起きて、7時に朝食を食べるためロビーに降りる。普段は喫茶店かな、ここ。
なんとなく予想していたが、やはり三十一しかいなかった。そのせいかどうかわからないけれど、おかずがずいぶん多い。ホッケがメインで、シラスおろし、梅干し、昆布の佃煮、味付け海苔で全部かと思っていたらそこに目玉焼きが出てきた。納豆もついていたのだが、三十一にとっておかずのうちには入らない。全部食べたらけっこう満腹になった。

7時50分の普通列車で稚内に向かう。今日は平日なので高校生が乗り込んでくる。とは言えそれほど混んでいるわけではない。むしろ旭川方面から名寄で降りる高校生のほうが多いだろう。たぶん行く先は美深だろうなあ。その先に高校がありそうな町は音威子府くらいしかないが、そこまで行くと遅刻になる。実はこれは下りの始発列車なのである。名寄から通学できるのは美深が限度ということだ。

さて今日の予定は、当初のもくろみでは昼過ぎの定期観光バスで宗谷岬まで行って、そのまま最終の特急に乗って旭川まで戻ってくるはずだったのだが、この観光バスに乗ると特急に間に合わないことがわかった。ではというわけで稚内に宿を探してみたが、今度は宿がない。稚内まで行ったとしても、宗谷岬にも行けずそのまま戻ってくるしかないのだ。別に今日無理して稚内に行く必要もないような気がするが、わざわざ名寄くんだりまで来た意味がなくなってしまう。ので各駅停車で宗谷本線を乗り尽くすというだけの目的で往復する。まあ偵察だな。

さて各駅停車に乗って宗谷本線を行くと、ほとんどが無人駅である。ところがその無人駅にも二種類あることがわかる。ひとつは昔からある駅が無人になったもの、もうひとつは臨時乗降場が駅になったもの。まず駅というかホームの構造が違う。地面がかさ上げされてホームが作られているのがもちろん前者で、学校の朝礼台に毛が生えたような高床のホームが設置されているのが後者だ。しかしもうひとつ違いがあることに気づいた。それは駅の設置場所というか、駅へのアプローチである。昔からある駅には、主要道から駅に向かって入ってくるアプローチのための道がある。その道はまっすぐ駅に向かい、駅でとぎれている。しかし元臨時乗降場の場合、道路と線路が接近した場所にあとから乗降場が作られるケースが多い。したがってたいていは踏切の隣にホームがある。一両編成ならともかく、二両編成の場合は後ろの車両が踏切にかかってしまっていたりする。もっとも、こういった臨時乗降場あがりの駅は、道があるから成立するのであって、名寄盆地とか美深付近の多少なりとも開けた地形のところでしか見かけない。天塩川沿いの山間部ではこういう駅は成立しないだろう。

さて、音威子府で50分近く停車。その間に上りのスーパー宗谷と、名寄行きの普通列車が出ていく。楽しみにしていたソバは、店が開いてなかった。残念。駅舎のなかの天北線に関する展示はなかなか面白かったけれど、書き割りの絵がキハ181系だったのはどうかなあ。天北線はおろか、北海道にもキハ181系が走ったことはないはず。

また動き始めた列車で稚内に向かう。天塩川のほとりを走るのは3往復目、5度目になる。何度見てもいい景色だ。幌延までおりてくると川から離れて丘陵地帯になる。抜海付近では利尻富士が見えた。上のほうはかなり雲がかかっているけど、前2回はまったく見えなかったので3度目の正直だ。写真撮ってみたけどよくわからないだろうなあ。
P6250025



稚内で上りの列車を待つあいだにラーメンなど食す。大盛りは本当に大盛りだった。普通でもよかったなあ。帰りの列車はキハ183系のサロベツ。本当はスーパー宗谷に乗りたかったんだけど、この時間帯はサロベツしかないのでしょうがない。夕方のスーパー宗谷を待ってると、旭川に着くのが10時を過ぎてしまう。稚内で時間をつぶすのも大変だしなあ。
せっかく指定券がとれるので、北海道フリーパスで無料で6回まで使える座席指定をうける。この調子でいくと使い切れそうもない。前回使ったときも座席指定は6回も行かなかったと思うなあ。そのときは回数制限がなかったけれど。

さて、しょうがないのでサロベツでは寝て帰ろうと思ったのだが、ふと見ると座席の下の壁面にコンセントがある。使えるのか? 試しにパソコンを繋いでみると、おお使えるぞ。PCをいじっていたら4時間つぶれてしまった。手が疲れたけど。

本日の旅程:
名寄(0750)→音威子府(0852) 4325D
音威子府(0940)→稚内(1159) 4327D
稚内(1345)→旭川(1733) 2042D

|

« 「まぶらほ・さらにメイドの巻」 | トップページ | 四日目・岬めぐり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/15556802

この記事へのトラックバック一覧です: 三日目・宗谷本線の旅:

« 「まぶらほ・さらにメイドの巻」 | トップページ | 四日目・岬めぐり »