« 福田優勢 | トップページ | School Days 放送自粛 »

2007年9月18日 (火)

かぐや打ち上げ成功

日本としては久しぶりの月探査機「かぐや」の打ち上げが金曜日に打ち上げられた。NHKでは「月探査衛星」と呼称していたが、JAXAでは衛星軌道に投入される「衛星」と、地球の重力圏を離れた「探査機」は明確に区別している。もちろん「かぐや」は探査機である。
「かぐや」には一般から募集された月に送るメッセージが搭載されていることも注目を浴びているひとつの要因であるけれど、そして三十一もこのメッセージに応募したけれど、しかし三十一がより注目しているのは、これまでISASの固体燃料ロケットで打ち上げられてきた科学探査機を初めてJAXAのH-2Aで打ち上げたこと。
衛星軌道に載せる商業衛星の打ち上げと違って、地球外へ向かう探査機はランチ・ウィンドウが狭い。lunch ではなく launch である。打ち上げられる時間帯のことだが、数分とか数秒というのも珍しくないらしい。その限られた時間の間に予定通り打ち上げることができたのは、よい実績を示したことになろう。ISASのMシリーズでなくてもよくなったことを示すことにもなるので痛し痒しではあるが。数トンの気象衛星を静止軌道に投入する能力があるんだから、月探査機を打ち上げる能力があるのは容易に推測できることだが、この実績は強い。何にでも使える万能機という評価が定着すれば、顧客の獲得にも繋がるだろう。
もうひとつ今回は三菱重工が請け負って打ち上げた最初のケースになる。営利企業である三菱重工がどのくらい本腰を入れて利益確保、シェア拡大に乗り出すか。

|

« 福田優勢 | トップページ | School Days 放送自粛 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/16494043

この記事へのトラックバック一覧です: かぐや打ち上げ成功:

« 福田優勢 | トップページ | School Days 放送自粛 »