« "と"陰謀論 | トップページ | 「科学は不確かだ!」 »

2007年9月25日 (火)

麻生下野

この週末のうちに、おおかたの予想通り福田康夫・自民党新総裁が誕生した。マスコミの下馬評では「9つの派閥のうち8つの支持をとりつけた」などと評して福田有利を報じていた。その下馬評はまったく間違っていたわけではないが、ふたを開けてみると、530票ほどの投票数のうち麻生陣営が200票近くを確保しており案外の接戦だった。あとづけで「派閥のコントロールが効かなかった」などと報道されているが、選挙期間中に福田候補もそのような発言をしてなかったかねえ。「派閥が支持を固めたからといって、所属議員が一糸乱れず従うようなそんな時代じゃない」のだよ。

かくして、憲政史上初めて親子で総理をつとめることになった。兄弟(岸と佐藤)とか、祖父と孫(岸と安倍)というのは例があったんだが。考えてみれば全部清和会系だなあ。偶然だろうけど。

翌日、党の主要人事が固まったんだが、これが少し意外。谷垣政調会長は予測していたわけではないが、もともと政策通で知られていたので順当と言える。二階総務会長が留任して、古賀選対委員長というのも、ある意味適材であるだろう。意外だったのは伊吹幹事長である。中曽根派の流れをくむ伊吹派の会長ではあるものの、派閥の「領袖」と呼べるほどの指導力は発揮していない。伊吹派から党幹部に引き込むなら、むしろ中川昭一であったはずだが、中川は麻生の推薦にまわってしまった。伊吹派からの次代の首相候補と自他共に任ずる中川が派閥の意向に従わなかったことで、派閥の統制力の弛みを示している。

実は三十一の予想は麻生幹事長留任であった。この情勢では麻生太郎をとりこまずには福田はやっていけないことは明白。挙党体制の形を示すためにも、麻生太郎をそれなりに処遇せざるを得ない。しかし麻生は重要閣僚から党幹部に転じたばかり。ここでまた麻生太郎を閣僚に起用するのは無理があるし、そもそもポストがない。あるとしたら外相返り咲きかなあ。町村外相の官房長官横滑りという観測が出ていたので、空いた外相に麻生太郎が戻るというシナリオもあるだろうが、1か月で外相が元に戻るというのも国際的に聞こえが悪い。そう考えると麻生太郎は党幹部に残すのが妥当で、現幹事長であったから留任というのが一番わかりやすい。
しかし実際にはこの予想は当たらなかったわけだ。今日発表された閣僚名簿によると、結局麻生太郎は入閣せず無役となった。顔ぶれを見ると基本的には留任で、あとは微調整だけ。官房長官の与謝野馨がはずれ、町村外相が官房長官に、高村防衛相が外相にそれぞれ横滑りし、あいた防衛相は経験者の石破茂に。幹事長に移った伊吹文明の穴埋めには渡海紀三朗が就任。高村も以前外相経験があるし、渡海紀三朗は初入閣だが文部科学副大臣の経験がある(元建設大臣の・・・と思ったがそれは親父のほうでした)。こうして見ると、経験者を中心とした手堅い布陣と言えるだろう。
だが麻生が外れたことで、福田政権に対する三十一の期待は急落した。

|

« "と"陰謀論 | トップページ | 「科学は不確かだ!」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/16574234

この記事へのトラックバック一覧です: 麻生下野:

« "と"陰謀論 | トップページ | 「科学は不確かだ!」 »