« パヴァロッティ死す | トップページ | 「世界平和は一家団欒のあとに3」 »

2007年9月11日 (火)

「"文学少女"と慟哭の巡礼者」

三十一はこの著者の野村美月の本を、デビュー作からずっと読み続けている(「うさ恋」シリーズは読みかけで止まっているが)。

この本を読み終えたとき、三十一は自分の先見の明を誇りたくなった。これまでの巻では少し読みにくい部分もあったけれど、それもこれも、この巻への布石であったのかとすら思う。シリーズのなかでは比較的厚めの分量だったけれど、あっという間に読み終えてしまった。

ネタばらしになるので詳しくは書かないが、この先、シリーズをどうしめくくるのか、その際に遠子先輩がどういう役割を果たすのか、そもそも遠子先輩は何者なのか。

すでに次巻が待ち遠しい。

|

« パヴァロッティ死す | トップページ | 「世界平和は一家団欒のあとに3」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/16410250

この記事へのトラックバック一覧です: 「"文学少女"と慟哭の巡礼者」:

« パヴァロッティ死す | トップページ | 「世界平和は一家団欒のあとに3」 »