« 「マリア様がみてる 薔薇の花かんむり」 | トップページ | 宗教戦争 »

2007年10月10日 (水)

「ナポレオンの密書」

ホーンブロワーシリーズのうち、未完に終わった断片集。「マックール」はいちおう完結してるのかな? 最初の「ナポレオンの密書」は、ストーリーの骨格くらいは推測できるところまで書かれている。いっぽうで、「海軍元帥ホーンブロワー」のほうはほとんど導入部分だけ。どちらも「ナポレオン」絡みであるところは偶然だろうか。
「ホーンブロワーの誕生」は、小説ではなく著者がこのシリーズを書き続けてきたいきさつを記したエッセイ。当初著者は、このシリーズをシリーズにするつもりはなく、あくまで初期の3部作のための主人公としてホレイショ・ホーンブロワーという人物を創作した。ところが、その後著者が着想した新しい小説の構想を煮詰めていくうちに、主人公の性格として既存のホーンブロワーが最適であることを発見し、結果としてシリーズになったしまったそうだ。本当か? そこには無意識の作為があるようにしか思えないなあ。

|

« 「マリア様がみてる 薔薇の花かんむり」 | トップページ | 宗教戦争 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/16722920

この記事へのトラックバック一覧です: 「ナポレオンの密書」:

« 「マリア様がみてる 薔薇の花かんむり」 | トップページ | 宗教戦争 »