« 「海軍提督ホーンブロワー」 | トップページ | 出てらっしゃいますか »

2007年11月 7日 (水)

「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」

鳥取駅の書店で買った本。世の中には裁判傍聴マニアというのがいるらしい。いろんな趣味があるものだが、憲法で保証されている趣味というのも珍しい。
裁判というと普通の人には縁がないものと思われがちだが、無縁だと思っていた人間が突然巻き込まれるのも裁判である。わりと最近傍聴マニアになった著者は、そういった「普通の」人々が裁判という非日常な場でもがき苦しみ、自分をさらけ出してしまう様を見てきた。その中で印象的だったのは「双方の言い分が食い違っているのは、片方が正しくもう片方が嘘をついているというような単純なものではない。人によって受け取り方が違っているのだ」という感想だ。だが往々にして人は自分が正しいと思うものである。

|

« 「海軍提督ホーンブロワー」 | トップページ | 出てらっしゃいますか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/17008141

この記事へのトラックバック一覧です: 「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」:

« 「海軍提督ホーンブロワー」 | トップページ | 出てらっしゃいますか »