« sledgehammer | トップページ | Wikiに対抗するわけではないが »

2007年12月12日 (水)

big gun

YouTube つながりで。

アイオワ級戦艦が実弾射撃を行なっている映像。もともとは kikulog でSFの描写と現実の違いについて話題になった(なっている)スレの中で紹介されていたものだが、三十一の見方はそれとはちょっと違う。艦首に衛星通信アンテナが見えるので、80年代レーガン政権時代に現役復帰したときの映像だろう。ブリッジの両脇にCIWSも見えるね。

発射のたびに衝撃波を受けて、撮影している外人がはしゃいでいるのが丸聞こえだが、実は9門の主砲を1門ずつ順に撃っているのがわかる。9門で斉射したら喜んでいる場合じゃなかろう。そもそもアイオワ級の16インチ主砲は、最短でも発射速度はいいところ30秒に一発くらいなので、これだけの間隔(5秒間隔くらいかな)で撃ってるということはあらかじめ装填しておいたものを順に発射していると推測できる。
もうひとつ推測を補強する材料としては、この映像の間に再装填している気配が見えないことが挙げられる。なぜそれがわかるかといえば、この種の巨砲では砲弾を装填するためには砲身をある角度に固定しなければいけない。たぶん仰角10度くらいだと思うのだがこの映像では発射後も砲身を戻してないから、再装填してるとは思えない。

発射から少したって砲口から煙が出ているのが見えるのも興味深い。砲身内のお掃除のために圧縮空気を吹き込んでいるのである。

|

« sledgehammer | トップページ | Wikiに対抗するわけではないが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/17350659

この記事へのトラックバック一覧です: big gun:

« sledgehammer | トップページ | Wikiに対抗するわけではないが »