« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月27日 (木)

「ベートーヴェンの交響曲」

金聖響がベートーヴェンの交響曲9曲をひとつひとつ解説した本。実はこういった解説自体はさほど珍しくない。ポケットスコアの解説部分に楽曲分析があるのは普通のことだし、解説書もいくつも出ている。著者独自の解釈を加えた解説書というのも少なくない。したがって、この本で何が新機軸だったかと言えば、新書という体裁と価格設定、そして初心者を意識した解説ということになるだろう。既存の解説書を読み慣れた人にとっては冗長な解説に思えるに違いない。

ベートーヴェンの5番が「完成された交響曲」であるということに異論はない。すべての基礎であり、終着点でもある偉大な作品だ。何度も何度も、それこそ飽きるほど聞いているが、飽きる暇もないくらい密度の濃い曲である。

常々不思議に思っているのは、ベートーヴェンの打楽器使用の巧みさを評価している文章をあまり見かけないこと。9番の第2楽章の別名「ティンパニ協奏曲」を紹介している文章はときどき見かけるが、7番の第2楽章でティンパニに歌わせている個所がとりあげられているのは滅多にない。しかし、金聖響はこの点に言及していてやや好印象をもった。もう少し大きくとりあげてもよいのではないかと思うんだけど。ヴァイオリン協奏曲の最初の1小節なんて、絶品である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「彩雲国物語 隣の百合は白」

紅家の昔話。つーか、黎深って結婚してたのか。絶対独身だと思ってたよ。このシリーズに出てくる女性陣って、みんな何らかの意味で「イイオンナ」だけど、それはレーベルの都合という面もあるんだろうけど、それにしても今回の主人公である百合姫は本当に「イイオンナ」だ。黎深がうらやましい。

絳攸も幼い頃には素直だったんだなあ。あの極端な方向音痴の原因がそんなことにあるとは全く想像できませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NFLをオフィシャルで見る

オフィシャルというのは要するに審判のことである。フィールド上の審判は7人、主審であるレフリー、副審格のアンパイヤ、以下ヘッドラインズマン、ラインジャッジ、サイドジャッジ、フィールドジャッジ、バックジャッジと続く。その他にフィールドには出ないオフィシャルとして、クロックオペレーターやリプレイオフィシャルなどがいる。フィールド上の審判はプレイに巻き込まれることがけっこうあり、負傷することもある。そのために補欠の審判が控えている。

長年見ていると、オフィシャルの顔と名前もお馴染みになってくる。反則やプレイの説明をするのは主審のレフリーであるから、さすがにレフリー以外の人達はよくわからないけれど。
三十一が本格的にNFLを観戦し始めた1997年シーズンのスーパーボウルでレフリーを努めていたのは、Ed Hochuli 氏である。ちなみに、未だにこの人の発音がはっきりしない。ホキュリ? ホチュリ? それはともかく、判定理由を明確に述べるので彼の判定はわかりやすく信頼感がある。三十一が非常に高く評価するレフリーである。
他によく見かけるのが Mike Carey 氏。シグナルコールがはっきりしている。Tom White 氏も好きなレフリーだったのだが、昨シーズン以来見かけないので引退したのかもしれない。けっこうな年みたいだったからなあ。
レフリーになれるようなベテランの審判はだいたい数が決まっていて、出てくるメンツは限られているので名前と顔を覚えること自体はそれほど難しくない。こういう見方も一興である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近宇宙系のフォローがおろそかに

昨年だったか、爆発事故を起こして再起が危ぶまれていたシーランチが復活するそうだ。
と、いうニュースを見て思ったのは、最近宇宙関係のニュースのフォローがおろそかになっているという自責。春と秋の年中行事と化しているソユーズによるISS滞在宇宙飛行士の交替も完全無視だもんなあ。いま、ソユーズはTMA8号機くらい?

ちょっと反省。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月25日 (火)

生きてます(定番)

ちょっと更新が滞ってますが、生きてます。最近仕事が忙しくて、時間がないんです。

誤解しないように言っておくと、会社にいるあいだ、時間がないのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月19日 (水)

あどみらるず

少し前に中国の党大会の記事を書いたけれど、そのときにいろいろと調べものをしていて結果として人民解放軍の元帥・大将・上将の全リストというのを手に入れた。現在では元帥と大将の階級はなくて、上将が最高階級なんだが。なんとなく(無意味な)満足感にひたっているうちに、変なことに気がついた。隣の国、中国の軍隊の最高階級軍人リストはこうして入手できた。自分の国、日本のかつての海軍の大将元帥のリストはとうに入手している。では、日本の現在の海上自衛隊の最高階級である海将のリストは? 実はこれがまったく心細い限りなのだ。現在進行形の、しかもすぐ隣に住んでいるかもしれない人間の個人情報というのはかえって入手しづらい。それでも、氏名と階級くらいは官報に公示されているので集められないわけはないはずだ。こうして自衛隊の(ついでなので三自ともに)将リスト作成プロジェクトが密かに開始された。いつ終わるか、果たして終わる日がくるのかもわからないけど。主要な情報源がWikiだという事実は忸怩たるものがあるがしょうがない。

統幕1(統幕長・統幕副長・統幕学校長のうち1つ)、海幕2(海幕長・海幕副長)、自衛艦隊4(自衛艦隊・護衛艦隊・航空集団・潜水艦隊の各司令官)、地方隊5(横須賀・呉・佐世保・舞鶴・大湊の各総監)、その他3(教育航空集団司令官・幹部学校長・補給本部長)、そして技研1(技研船舶担当技術開発官)で16というのが海自がもっている将ポストのベースである。これに最近では統幕運用部長と中央病院副院長に将があてられることがあるので、プラスアルファというところであろう。実はこの顔ぶれはほとんど変わっていない。潜水艦隊が新編されたり、教育航空集団の司令官職が将補ポストから将ポストになったりといった微調整はあるが、だいたい15前後という大枠はほぼ固定だ。自衛隊創設から50年余、大甘にみつもってひとつのポストに平均3年在職するとして、のべ250人。これまた甘くみてひとりの人間が3つの将ポストを歴任するとするとこれまで海自が輩出した海将は約80人という数字が得られる。実はこの数字は旧日本海軍が70年余りの歴史で輩出した海軍大将の数77人にほぼ匹敵する。実際には海将は「中将相当」なので単純に比較するのは間違っているのだけどね。しかし海上自衛隊の最高階級を極めた人の数が旧日本海軍のそれと匹敵するというのは興味深い。

と、ここまで書いて実際に数えてみたら少なくとも(だいぶ漏れてると思うので)230人以上の海将がいることがわかった。実は毎年3~4人くらいずつ昇任しているので、考えようによってはこのくらいの数字のほうが妥当かもしれない。やっぱり中将相当と考えるべきかなあ。米海軍の (full) Admiral だって200人ちょっとしかいないのに。気がむいたら日本海軍の中将を数えてみよう。予測としては300から400の間。ただし兵科のみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月17日 (月)

ブロンコス、プレーオフ進出ならず

この週末行なわれた第15週の試合で、わがデンヴァー・ブロンコスは敗れ、同地区首位のサンディエゴ・チャージャーズが勝ったので地区優勝が決まってしまった。
わがデンヴァーはこれで8敗、AFC全体で9勝以上あげているチームが6チーム以上あるので、ワイルドカードとして出場する可能性もない。こうして、デンヴァーの今シーズンはレギュラーの16試合で終わることが決まった。昨シーズンは最終週まで望みをつないだのだが今年はそれよりも少し早く引導を渡されたことになる。
もともと今シーズンは地区優勝はできてもニューイングランドとかインディアナポリスに対抗できるような戦力があるとは思っていなかった。プレーオフに進出したとしてもスーパーボウルまで進むには関門が多すぎる。その程度の期待しかしていなかったのも確かだ。なので、ブロンコス・ファンとして気にしていたのは地区内の星勘定である。
シーズン開始当初はサンディエゴは調子が悪く、むしろカンサスシティとかオークランドのほうが直接のライバル関係だった。今年のサンディエゴは安パイだと思った時期もあったのだ。しかし気づいてみればサンディエゴが上がってきて、カンサスシティとオークランドは失速。まあこの2チームはQBが頼りないので、後から考えれば当然だったのかもしれないが、なんだかんだいって地力があったのはサンディエゴだったらしい。ターナーHCだから絶対勝てないと思ってたんだがなあ。

14試合を終えた時点で6勝8敗というのが今年のデンヴァーの勝負弱さを示しているが、総合的なチーム力をはかるひとつの指標になるのが Net Point、つまり得失点差だ。得点295、失点367のマイナス72。この数字は逆転しないといけない。特に失点367が問題だ。実はデンヴァーの守備には優秀な人材がたくさんいる。もともと守備が弱いという指摘があって強化した結果だ。しかし守備の中で一番目立たないDTのポジションが固定できていない。これが問題じゃないかと三十一は思う。同じようなことは前もいったけどね。ここ数年、いろんなチームからDTを呼んできてはとっかえひっかえしているが実を結んでいない。来年のドラフトがポイントになるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月15日 (土)

Wikiに対抗するわけではないが

昔々に自分が書いた文章のほうがよっぽどまともだと思うのだが。

http://homepage2.nifty.com/nishidah/t_xa4.htm#短現

とは言え、現在の目から見たらちょっと書き直したい気分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月12日 (水)

big gun

YouTube つながりで。

アイオワ級戦艦が実弾射撃を行なっている映像。もともとは kikulog でSFの描写と現実の違いについて話題になった(なっている)スレの中で紹介されていたものだが、三十一の見方はそれとはちょっと違う。艦首に衛星通信アンテナが見えるので、80年代レーガン政権時代に現役復帰したときの映像だろう。ブリッジの両脇にCIWSも見えるね。

発射のたびに衝撃波を受けて、撮影している外人がはしゃいでいるのが丸聞こえだが、実は9門の主砲を1門ずつ順に撃っているのがわかる。9門で斉射したら喜んでいる場合じゃなかろう。そもそもアイオワ級の16インチ主砲は、最短でも発射速度はいいところ30秒に一発くらいなので、これだけの間隔(5秒間隔くらいかな)で撃ってるということはあらかじめ装填しておいたものを順に発射していると推測できる。
もうひとつ推測を補強する材料としては、この映像の間に再装填している気配が見えないことが挙げられる。なぜそれがわかるかといえば、この種の巨砲では砲弾を装填するためには砲身をある角度に固定しなければいけない。たぶん仰角10度くらいだと思うのだがこの映像では発射後も砲身を戻してないから、再装填してるとは思えない。

発射から少したって砲口から煙が出ているのが見えるのも興味深い。砲身内のお掃除のために圧縮空気を吹き込んでいるのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

sledgehammer

冬樹蛉氏の blog [間歇日記]世界Aの始末書 12/12 で、Yamelo なるサイトが紹介されている。洋楽の PV を YouTube から検索してくれるサイトなのだが、これ面白いぞ。

三十一もクラシックに転ぶ前は人並みに洋楽など聴いており、その年代はちょうど80年代に重なる。冬樹蛉氏は Video Killed The Radio Star をリンクしているが、三十一がこのサイトでまず探したのは Sledgehammer である。すごく久しぶりに聴いて、「ああ三十一の音楽の趣味は本質的にあまり変わってないんだなあ」と思ったものである。

ちなみにこの PV はコマ落ちしてるわけではない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 7日 (金)

続・「うぃきぺでぃあ」を信じないでください

久々に呆れ果てました。
ちょっと調べものをしていて、ウィキペディアの「短期現役士官」にたどりついたのだが、これが凄い内容。ちょっとの間違いなら自分で書き直す気も起きるのだが、ここまで酷いと全面的に書き直すしかない。そこまでする気はないので、気が付いたところを思いつくままに挙げてみよう。

1. 正式名称は「二年現役士官」で、「短期現役士官」は通称。

2. 「二年現役士官」制度の開始は昭和初期にさかのぼるので、第二次大戦期に急に始まったものではない。

3. 「特殊士官」って何? そんな単語は聞いたことがない。

4. 「主に二年現役海軍士官」と言っているが、「二年現役」以外の短期現役士官は何だろう。

5. 「帝国大学または専門学校出身者」帝国大学以外の大学はダメなんですか。

6. 「二年現役」って書いてあるのに「任期は概ね3年を上限」というのはどこから出た話だ。

7. 任用後に与えられる階級は、大学出身者は中尉、専門学校出身者は少尉。

8. 現役士官が「海軍の定める任地に赴き軍務に就く」のは当然。二年現役に限った話ではなかろう。

9. 兵科将校不足と二年現役制度の関係がわからない。このふたつは本来別々の話。

10. まるでこの時点で事務業務を担当する「主計科士官」が独立したかのような描写だが、永久服役の主計科士官は明治初期から存在した。二年現役主計士官の発足により業務分担が変わったわけではない。

11. 戦争の継続期間を念頭において現役期間を定めたわけではない。必要な技能をひととおり習得するための期間として現役期間が定められた。戦時には予備役士官として召集すればすむこと。

12. 主計士官はたしかに経理や給養を担当した。この業務は当然すべての機関・部隊で必要であり、主計士官が配置されていた。二年現役士官だけが配置されていたかのような記述は誤解を招く。

13. 「正規士官」っていうのは経理学校出身者の意味か? しかし大学・専門学校出身者と経理学校出身者で身分の差は(法令上)なかったはず。そもそも経理学校で生徒教育が始まるまでは大学・専門学校出身者を任用していた。

14. 「軍令部任官」「司令官任官」非常に違和感がある。軍令部長補職、司令官補職の意味か。海軍士官育成はそれまでも兵学校一本槍だったわけではないし、その一方で主計科士官の司令官補職・大将任官はまったく考えられていなかった。

15. 二年現役制度でもっとも有名なのは主計科士官だが、最初に制度化されたのは軍医科・薬剤科で、ついで主計科、さらに技術科・法務科と拡充された。主計科以外にほとんど触れられていないのは重大な手落ち。

まだまだあるような気がするが、このくらいにしておこう。
巷間伝えられているような言い伝えや俗説を無批判に書き連ねたようで、物語としてならまだしも百科事典として使用するには問題がありすぎる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 4日 (火)

「兵士を追え」

この著者の「兵士」シリーズはわりと面白く読んでいる。この本も単行本で出ているのを知っていたので、文庫が出るのを待っていた。待望の文庫化を待って読み始めたというわけである。文庫を待たずに単行本で買おうとまでは思わないので、その程度の関心であるとも言えるのだが。

今回は海自中心というよりは海自のみ、しかも潜水艦つながりの潜水艦本体とP-3Cが取り上げられている。ちょっと前にこんな文章を書いたことがあるのだが、潜水艦という"乗り物"はわかりづらい。その職場環境がいったいどんな代物であるかというのは、大抵の人には想像できないだろう。三十一もせいぜい妄想するくらいしかできない。従って、そこで働く人々がどんな思いで過ごしているかはとても想像できないのである。いまは戦時でないからマシだというものの、危険と隣り合わせであることは間違いない。幸いなことにこれまで海自で潜水艦事故による殉職者は出たことがないが、乗員に支払われる危険手当は空自のパイロットに次ぐ比率だという。さもあらん。

このシリーズの一貫したテーマは、自衛隊員も実際にはひとりの普通の人間に過ぎないということだ。一見超人的な技能を発揮したり、あるいは一般人とかけ離れた思考をしているように見えても、それはあくまでバリエーションに過ぎない。異質なわけではない。

(12/7 追記)この本の中で、P3C搭乗員の「奇妙な」行動として、自家用車のカーナビを「北を上に固定」に設定する、というものがある。えーと、三十一はまさにそのように設定しているのですが。もちろん、三十一はP3Cを飛ばしたことも、その他の飛行機も飛ばしたことがない。これってそんなに奇妙ですか? 三十一の感覚としては、車の移動に合わせて「地図のほうがくるくる動く」ほうが見づらいと思うのだが。そもそも、需要があるからそんな設定が選択できるようになっているのだろうに。実際、三十一の知り合いでこのように設定する人間はむしろ多数派なのだがなあ。サンプルとして妥当かどうかわからんけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 2日 (日)

ラブコメ

そういや、TSUTAYA で「らき☆すた」について

 「脱力系ラブコメ」

って紹介文が書いてあったけど、「らき☆すた」にラブ要素はないよな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

予期せぬ収穫

金曜の夜は帰宅途中に予期せぬ人物から直接電話があってそのまま電話会議に拉致されてしまった。週末の楽しい気分を返してほしいくらいだ。

その厄落としというわけではないが、土曜日は久しぶりに神保町に散策。日曜の神保町は休業の古書店が多いので、行くときはもっぱら土曜日なのだ。
そこで思わぬ収穫を得た。某古書店で戦史叢書の品揃えを確認していたら「潜水艦史」を発見。いやあ、この巻は「海軍航空概史」と並んでバラでの入手を半ば諦めていたのであるよ。発見した瞬間に手元に確保して、買うことを決断していた。しばらくは値段を確認するのも忘れていたくらいだ。

わりと最近、掘り出し物が見つかることが多い。価値のわからない遺族が古本屋にたたき売った、というパターンだろうか。それでも古紙回収に出されなかっただけましか。三十一が血眼になって探している本をちり紙交換に出しちゃうヤツもいるんだろうなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »