« Wikiに対抗するわけではないが | トップページ | あどみらるず »

2007年12月17日 (月)

ブロンコス、プレーオフ進出ならず

この週末行なわれた第15週の試合で、わがデンヴァー・ブロンコスは敗れ、同地区首位のサンディエゴ・チャージャーズが勝ったので地区優勝が決まってしまった。
わがデンヴァーはこれで8敗、AFC全体で9勝以上あげているチームが6チーム以上あるので、ワイルドカードとして出場する可能性もない。こうして、デンヴァーの今シーズンはレギュラーの16試合で終わることが決まった。昨シーズンは最終週まで望みをつないだのだが今年はそれよりも少し早く引導を渡されたことになる。
もともと今シーズンは地区優勝はできてもニューイングランドとかインディアナポリスに対抗できるような戦力があるとは思っていなかった。プレーオフに進出したとしてもスーパーボウルまで進むには関門が多すぎる。その程度の期待しかしていなかったのも確かだ。なので、ブロンコス・ファンとして気にしていたのは地区内の星勘定である。
シーズン開始当初はサンディエゴは調子が悪く、むしろカンサスシティとかオークランドのほうが直接のライバル関係だった。今年のサンディエゴは安パイだと思った時期もあったのだ。しかし気づいてみればサンディエゴが上がってきて、カンサスシティとオークランドは失速。まあこの2チームはQBが頼りないので、後から考えれば当然だったのかもしれないが、なんだかんだいって地力があったのはサンディエゴだったらしい。ターナーHCだから絶対勝てないと思ってたんだがなあ。

14試合を終えた時点で6勝8敗というのが今年のデンヴァーの勝負弱さを示しているが、総合的なチーム力をはかるひとつの指標になるのが Net Point、つまり得失点差だ。得点295、失点367のマイナス72。この数字は逆転しないといけない。特に失点367が問題だ。実はデンヴァーの守備には優秀な人材がたくさんいる。もともと守備が弱いという指摘があって強化した結果だ。しかし守備の中で一番目立たないDTのポジションが固定できていない。これが問題じゃないかと三十一は思う。同じようなことは前もいったけどね。ここ数年、いろんなチームからDTを呼んできてはとっかえひっかえしているが実を結んでいない。来年のドラフトがポイントになるだろう。

|

« Wikiに対抗するわけではないが | トップページ | あどみらるず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/17397761

この記事へのトラックバック一覧です: ブロンコス、プレーオフ進出ならず:

« Wikiに対抗するわけではないが | トップページ | あどみらるず »