« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月31日 (木)

「"文学少女"と月花を孕く水妖」

相変わらずいい感じである。桜庭一樹が直木賞をとるという快挙を成し遂げたが、次の候補は野村美月ではなかろうか。今回は少し時系列を戻しているとのことだけれど、あんまり気にならなかった。
それにしても遠子先輩は無防備である。年頃の男の子と同じ部屋で一晩を過ごすなんて。これでも手を出さない主人公は臆病なのかナイーブなのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「人類は衰退しました2」

ロストテクノロジー登場。こういうアイテムに理屈を考えてはいけない。
面白いアイテムだとは思うんだけど、使ってみたいかと言えばあまり使いたくない。だって怖いよね、これ。
ああ、これ以上書いてしまうとネタバレになるので書けないのがもどかしい。
とにかく読め。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パキスタンとネパール

去年の年末のことだが、パキスタンのブット元首相が暗殺された。
ほぼ同じタイミングで、ネパールで王制の廃止がほぼ確定したという。
南アジアで大きなニュースが続いたわけだ。関連があるわけではないが、まとめて論評してみよう。

パキスタンのムシャラフ大統領は、正直いってブット元首相を入国させたくなかっただろう。帰国を許可したのはひとえにアメリカの圧力による。アメリカにとってパキスタンはアフガニスタンへの足がかりとして死活的に重要な国になっているが、逆に言えばパキスタンはアメリカの支持によって支えられているということになる。アメリカの要求は無碍に断れない立場にあるのだ。
つまり、ムシャラフ大統領にしてみればブット元首相の入国は認めざるを得ない。認めたからには安全を確保しなければならない。彼女の身に危害が及んだとき、アメリカの態度が厳しくなることは間違いない。ムシャラフにとってそれは最も避けなくてはいけないことだ。
ブット元首相を入国させておいて殺す、というのはムシャラフにとって最悪の下策でしかない。もしこの殺害がムシャラフの指示によるものだと明らかになったら、アメリカから見れば裏切り行為である。一気に支持を失ってしまうだろう。
考えられるのは、ムシャラフの統制が及ばない跳ね上がりの反米主義者の犯行、ということだろう。ムシャラフはなんとしてでも犯人を捜し出して自らの無実をアメリカに向かって証明しなくてはいけない。

2001年6月のことだが、ネパールで当時の国王を含む多数の王族が皇太子に射殺され、皇太子も自殺するという衝撃的な事件が起きた。殺害されたビレンドラ国王は国民の信望も厚く、皇太子ディペンドラ王子も将来を期待されていた。突然生まれた王室上部の空白によって国王の椅子を得たのは国王の弟ギャネンドラだった。現国王である。その当時からこの事件はギャネンドラの陰謀ではないかという風評は絶えなかった。
そういう事情もあってギャネンドラ国王の評判ははじめからあまり良くなかった。おまけにギャネンドラは棚ぼたのように手に入れた王位を乱用し始めた。議会を停止し、憲法を停止し、内閣を解散して国王独裁制を布いた。表向きの理由はマオイストなどの反政府勢力に対抗するためということだったが、結局はより幅広い反政府運動を引き起こすことになった。ついにギャネンドラ国王は自力での政権安定化を断念、議会を復活させて政権を委ねることになった。その最終的な帰結が、議会による王制廃止合意である。
2001年6月の事件からは、結局誰も得することがなかったということか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月27日 (日)

「人類は衰退しました」

このシリーズはSF者にひどく評判がいいらしいと聞いて読んでみた。ガガガ文庫という、ラノベブームに乗っかって急遽創刊されたレーベルだし、表紙イラストがアレだしで二の足を踏んでいたのだが、読み終えて後悔した。もっと早く読んでいればよかった。面白いぞこれ。
小林めぐみの食卓ビールシリーズとか、小川一水の導きの星シリーズとかを面白く読める人なら、きっとこのシリーズも面白く思うに違いない。まあシンプルにファンタジーとして読むという読み方もあるかもしれない。三十一にはそういう思考回路はないけれど。
いまのイチオシ。

ついでにこちらも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「全国鉄道事情大研究・中国編1」

よほど興味がないかぎりこのシリーズは買わないのだが、ちょうど10月にこのあたりを徘徊したばかりで馴染みがあったので思わず買ってしまいました。
この筆者はかなり過激な鉄道推進論者で、道路を作るカネがあるんだったら鉄道整備に回せと叫び続けている。その議論が妥当だとは思わないけれども、しかしこのくらい極端な意見を強く主張するという役回りの人間は、必要なんじゃないかと近ごろ思い始めた。最近、ガソリン税の値下げ問題で世間が騒がしいけれど、三十一は別に下げなくてもいいんじゃないかと思っている。自動車の使い方が、本当に今のままでいいのか考え直してみるいい機会じゃないかな。三十一的には結論は出ていて「別になくても困らない」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「マリア様がみてる キラキラまわる」

瞳子と祐巳がようやく姉妹になって、これでラブラブかと思ったら、相変わらず祐巳と祥子のカップルがいちゃついている。ひとつヤマを越えたので、これからしばらくはこの調子でまったりと行くのかな。祥子の卒業という一大イベントが控えているけれど。
遊園地デートでほぼ1巻を費やした。あまりストーリーに進展はないが、ひとつだけ衝撃の事実が発覚した。はっきり言ってまったく予想していませんでした。この設定が今後生かされることはあるのかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月24日 (木)

「総理大臣のえる!歴史を変える大勝利」

このシリーズは立ち消えになったものだと思ってましたよ。2年も新刊が出ていない上に、作者はほかのレーベルで別のシリーズを書きまくってたからなあ。
読みようによっては深い意味を読み取れるとも言えなくもないが、基本的にはバカ小説である。しかしこの作者、大活字が好きだよなあ。例のシリーズのほうではやってないみたいだけど。

ところで、さすがに国際連盟は国際連合発足後に解散したと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ウェブ進化論」

出た直後くらいに書評を見て記憶には残っていたのだが、あの頃はまだ今の仕事に多少なりとも希望を持っていたのでまじめに読むつもりはなかった。最近、書店を散策していて目に付いたので買ってみた。
読んでいない人にはわからない話かもしれないが、三十一は現在「こっち側」の世界で仕事をしている。「あっち側」はどうだか知らないが、「こっち側」はすでに労働集約型産業になってしまっている、と三十一は思っている。多少の能力の差はものの数ではない、とにかく人数を集めて突っ込んでやっつけるという仕事の仕方がまかりとおっている。歯車になれというならそれもよかろう、メシを喰う手段と割り切って機械的にこなせばいいことだ。だが労働集約型産業の競争力を決めるのは、結局は人件費だ。日本はその点で決定的に不利と言うしかない。そう考えると、「あっち側」つまりWeb2.0の市場に活路を見出すのでないかぎり、将来は期待できない。この齢になっていまさら新しいことを始めるのも大変だしなあ。というわけで、この業界からそろそろ足を洗う頃合いではないかと思い始める今日このごろ。とりあえず宝くじを買うところから始めよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月16日 (水)

打ち上げ繰り上げ

スペースシャトルの打ち上げが延びて、予定が2月7日に再設定されたというニュースはたぶん日本でも報道されたことと思う。
ところが、それに伴ってもともとこの日に予定されていたロシアの無人補給機プログレスの打ち上げが2日繰り上げられて2月5日になったというニュースはおそらく報じられていないのではないか。ロケットの打ち上げは大抵延びるもので、繰り上げられたという話はまず聞かない。打ち上げまで1ヶ月を切った段階での2日間の繰り上げは重大事のはずだが、それをあっさり受け入れたロシア宇宙庁は、よほど自信があるのだろう。無人機だから多少のリスクは許容できるという判断があったにしろ、ソユーズ・ロケットとプログレスの組み合わせは、プログレスの原型となったソユーズ宇宙船のケースも含めて非常に多くの実績を誇っている。たぶん200に届こうという勢いじゃないかあ。実際に数えたわけじゃないからよくわからんけど。

日本もこの無人補給機にH2Aロケットと新開発のカプセルで新規参入しようとしているのだけど、対抗する相手はこういう手強い相手なんである。前途は厳しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恵方巻

昼飯を買うためにコンビニでレジに並んでいたら、「恵方巻」の広告が目に入った。予約受付中とのことである。クリスマスケーキとかお節料理ならともかく、恵方巻をわざわざ予約するヤツがいるのかなあ。
考えてみれば、ひと昔前にはこんな慣習はなかった。一部そんな慣習の地域がある、というのはいわばトリヴィアだったのだ。しかし最近ではコンビニばかりではなくスーパーでも節分近くになると太巻きを大量に並べ出す。ずいぶんと定着したものだ。

だがちょっと待てよ。
どう贔屓目に見ても、これは迷信だよね。科学的に根拠があると考えてる人はまさかいるまい。とすると、10年前にはなかった迷信が定着したということだ。これはよくよく考えてみると由々しきことじゃなかろうか。「売れれば迷信でもなんでもいい」と考える供給側と、それをあまり考えずに受け入れている消費者側という構図は空寒いものを感じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ディヴィジョナルプレイオフ

準決勝。AFC、NFCとも土曜日の試合は順当だったが、日曜日はともに番狂わせとなった。もっとも、NYジャイアンツは勢いからしてダラスに勝つ可能性は少なくないと思っていたのだが。少なくないにしても、多くもなかったけれど。
サンディエゴがインディアナポリスに勝ったのは全く予想外。敵地だし、相手はマニングだし、こっちはリヴァーズだし、ということで絶対にインディアナポリス有利だと思っていた。おまけに試合中にリヴァーズと、RBトムリンソンがひっこんじゃった。これで勝てたのは不思議。

AFC
Jacksonville (5) 20-31 @ New England (1)
San Diego (3) 28-24 @ Indianapolis (2)

NFC
Seattle (3) 20-42 @ Green Bay (2)
NY Giants (5) 21-17 @ Dallas (1)

興味深いのは、ダラスが負けたことで次のNFC決勝はグリーンベイの地元でやることになったということだ。ジャイアンツの地元NYもけっこう冬は厳しい気候なのだが、グリーンベイにはかなわない。見た目ひ弱なマニングが敵地でどこまで力を発揮できるか。勝てれば文句はないが、勝てないにしても能力を発揮できれば今後の評価も変わってくるだろう。

AFCは予想通りニューイングランドが勝ち上がった。相手はインディアナポリスが来ると思っていたのだが、予想外のサンディエゴ。暖かいサンディエゴから厳寒のボストンに遠征するというそれだけでかなり不利。アメリカの端っこからもうひとつの端っこへ移動するようなものだ。トムリンソンが走りまくれば勝機も出てくるだろうが、どうかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「とらドラ6!」

亜美が弱みを見せ始めた。だめだよ、君はあくまでも傲慢な女王様でなきゃ。もっとも、最近はだいぶ壊れ始めてるような気もするが。それならそれで、とことん壊れてほしかったなあ。

竜児と実乃梨がだいぶいい雰囲気になってきたんだが、もちろんこのまますんなりとくっつくわけもなく、まだまだひと波乱もふた波乱もあるんだろう。大河もいることだし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 8日 (火)

コーチオブザイヤー

うひゃー。

先日こんな記事を書いたけど、ベリチックが受賞したのは最終週のコーチオブザウィークでした。コーチオブザイヤーはただいま投票受付中

もちろん、ベリチックは名前を連ねている。本命と言ってもよい。
ベリチックを含めて名前が挙がっているのは5人。残る4人は、ジャクソンヴィルのデルリオ、ワシントンのギブス、グリーンベイのマッカーシー、ピッツバーグのトムリン各HC。
三十一が投票するならデルリオかな。でもベリチックがとりそうな気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワイルドカードプレイオフ

この週末からついにプレイオフが始まった。

例年のごとく、三十一は日曜の午前中と月曜の早朝から生中継で観戦する。そのために1月の月曜日はすべて会社を休むのも例年の通りである。

今週の結果をまとめておこう。チーム名の後のカッコ内の数字はシード順である。

AFC
Tennessee (6) 6 - 17 @ San Diego (3)
Jacksonville (5) 31 - 29 @ Pittsburgh (4)

NFC
Washington (6) 14 - 35 @ Seattle (3)
NY Giants (5) 24 - 14 @ Tampa Bay (4)

AFC、NFCそれぞれ1チームずつ、下位チームが上位チームを破っている。しかしよく見ると、ジャクソンヴィルもNYジャイアンツも相手のピッツバーグやタンパベイよりも勝利数は多い。地区優勝チームはワイルドカードチームよりも無条件で上位シードされるという仕組みがこういう逆転現象を生むのである。勝利数だけに注目すると、どの試合もすべて順当ということになる。

試合開始前に、公式ホームページでファン投票を行なっていた。上位シードを破る可能性が一番高いチームはどれか?という内容で、三十一はジャクソンヴィルを選んだのだが、結果として正しかった。またこの予測はアメリカのファンの大方の見方と一致したようで、三十一のアメフト知識もなかなかのものだと密かに誇らしく思ったものだ(自慢)。

今日のファン投票では、次週のディヴィジョナルプレイオフで上位シードを破る可能性が高いのはどこかというお題目だったが、これは予測が難しい。少し悩んで、NYジャイアンツ(相手はダラス)を選んだのだが、全体の投票でも1位ではあったもののそれでも得票率31%と評価が割れている。と言うのは、今年のレギュラーシーズンはAFC、NFCともに2強が独走してあとはどんぐりの背比べ、という様相を呈しており、これらのチームがホームで待ち受けているわけであるから正直これらのチームに勝つことは難しい。何かの僥倖でもないかぎり難しいだろう。つまりどのチームも同じように可能性が低いのだ。

NFCからNYジャイアンツ、AFCからインディアナポリスがスーパーボウルに進出して兄弟対決というのも面白そうだけど、やはりブレイディのいるニューイングランドが強いんじゃないかなあ。19戦全勝というのも現実味を帯びてきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 7日 (月)

残酷な人間の手がまだ触れない方程式

これらはいわば「かつて読み捨てた本」とでも言うべき二冊だ。

最近「残酷な方程式」のほうが創元から復刊(なのかなあ)になっているのを書店の店頭で見かけた。実のところ、既読であることすら忘れかけていたのだが、少し立ち読みしている間に思い出した。ずいぶん前に読んでかなり気に入った本だったのだ。
一方、ハヤカワから出ていた「人間の手がまだ触れない」も読んだ記憶がある。いずれも短編集だが、実際のところ著者名はあまり気にせずそれぞれ独立にタイトルに惹かれて読んだような記憶がかすかに。

万人に勧める本ではないけれど、面白い人には物凄く面白いと思う。不条理系という評もあるけれど、これを読むとむしろこちらのほうが条理にかなっていて現実世界が不条理なように思えてくる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 5日 (土)

Wikiがほしい

さんざんウィキペディアに文句をつけているけれど、だからと言ってあれを自分で編集修正する気にはなれない。自分が納得いく形まで書き直すのも大変だし、書き直したとしてもどうせどっかから物言いがついたり、気が付いたら書き直されていたりするんだろう。ノートの議論にもなんだかお作法があるようで、お祭りになったところで戦う気力もありゃしない。そんな元気はずいぶん前に使い果たしたし、ひと昔前のBBSと違って理屈の通じない厨房が溢れかえっている現代では、まともに相手をするだけ無駄だ。
しかしウィキという仕組み自体は、未完結の情報を集めて行くのには便利だ。完結した情報なら、ウィキの制約に縛られずに使いやすいようにまとめられるのだけど。と言うわけで、ローカルウィキを自分のところに作ろうかと画策中。画策だけで全然具体的になってないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「れでぃ×ばと!5」

設定自体はわりと好みの本なのだが、ひとつ苦言を呈するならば「新キャラ大杉」。一部はキャラがかぶってるし。一時期に比べてペースが鈍った感はあるが、この巻でもまた1人。主要キャラだけじゃ話を作れないのか。ハーレムアニメでも目指しているのか。
とは言いつつ、けっこう気に入って読んでいるのも事実。三十一がこの本で一番期待しているのは腹黒幼馴染みの活躍なのだが、今後活躍の機会が増えそうな予感で少し楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「エリアル1」

古書店で見つけた文庫、さらには新刊で入手した文庫、何度かトライしたもののなぜかいつも途中でギブアップしていた星雲賞長編SF部門受賞作品だが、ソノラマ文庫廃刊にともないソノラマノベルスに衣替えして新装再版となった。
今度こそ読み切ってやると覚悟して入手した新書版、ついに読み切ることができた。実際に読み終えてみると、これまでどうして読み終えられなかったのかが逆に不思議である。笹本作品ではほぼ例外なく出てくる元気な女の子が3人いるというのが、感情移入を妨げたのかなあ。文庫2巻分をまとめたこの新書第1巻を読み終えてみると、それぞれキャラとして立ってきたのでこの調子なら最後まで行けるのではないかと期待。

巻末書き下ろしのマイナス1話が気に入った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「おあいにくさま二ノ宮くん4」

感想書きを後回しにしているうちに、内容を忘れてしまいました(汗)

ま、でもそんなことはそれほど珍しくなく、そういうときはパラパラと読み直せばだいたい思い出すものでこれまでもそうしてきたのですが、肝心の本が見つからない。つい最近読み終えた本のはずなのに、ちょっと探したくらいじゃ出て来やしない。
しょうがないので、アマゾンあたりの書評をヒントに思い出そうとしたのに、それでも思い出せない。困った困った。

基本的にこの本は「二ノ宮くん」シリーズの短編集で、本編とは独立しているから内容を忘れたとしても本編には影響しない。お気楽なエピソード集なので、楽しく読めればいいのだろう。楽しかったということは覚えているのだが、逆に楽しかったということしか覚えていない。それでいいのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベリチック vs キャメロン

マイアミ・ドルフィンズのキャム・キャメロンHCは1年目で早くも解雇。
最終的な成績は1勝15敗、あわや全敗かと思われたくらいだから、ある意味しょうがない部分もあるだろうが、まだ1年目なんだからちょっと酷じゃなかろうか。おそらくは、新たに副社長に就任したビル・パーセルズの構想とマッチしなかったので切られたんだろう。こうして「カレッジで成功したHCはプロではうまくいかない」というジンクスにまた実績を積み重ねてしまったわけだ。

一方で、ニューイングランド・ペイトリオッツのビル・ベリチックHCは「コーチ・オブ・ザ・イヤー」を受賞。
正直意外でした。いや、言われてみれば確かにそうだと思ったのだが、ベリチックが凄いコーチであることはわかりきっているので、今さらコーチ・オブ・ザ・イヤーなんて言うまでもないことだという意識が先に立って、候補として思いつかなかったのである。
これまでのコーチ・オブ・ザ・イヤーはどちらかと言えば「期待されていなかったチームを好成績に導いた」コーチが選ばれていたケースが多かったように思う。その印象をもとに当初三十一が考えていた候補は、クリーブランド・ブラウンズのロメオ・クレンネルHCであった。ただし、プレイオフに行けていれば。結果としてプレイオフを逃しているので、そう考えるとちょっと難しかったかもしれない。プレイオフに進んだチームから選ぶなら、ダラス・カウボーイズのウェイド・フィリップスHCあたりかな。プレイオフ落選組では、アリゾナ・カーディナルズのケン・ワイゼンハントHCも候補に挙げられるかもしれない。
シーズン中盤に、中継の解説者が「デトロイト・ライオンズのロッド・マリネリHCは第一候補だ」みたいな発言をしていたけど、その後連敗して結果負け越してしまった。予測というのは難しいものだ。
まあ、今となってはこんな予想は無駄なことだが。

あとこの時期の(プレイオフ以外の)関心としては、どのHCがクビになるかということ。今年はまだ一人しか(!)発表されていないが、KCのエドワーズ、セントルイスのリネハン、NYジェッツのマンジーニあたりは首筋が寒かろう。アトランタのペトリーノも相当悪い成績だが、今年はまだ1年目だしヴィック逮捕というアクシデントもあったのでまだチャンスを与えられるだろう。オークランドのキフィンもまだ見切るには早すぎる(のだが、何しろオークランドだからなあ)。
実は三十一が密かにクビ最有力と考えているのがボルチモアのビリック。かつてスーパーボウルも制覇したHCだが、最近は今ひとつぱっとしない。今年はついにふた桁黒星となってしまった。

さて、どうなることやら。

(1/7追記)ビリックはシーズン終了直後に先頭をきってクビになっていたらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 1日 (火)

ペイトリオッツ全勝

毎年のことだが、暦の上で年が変わる頃はちょうどNFLのレギュラーシーズンが終わりプレイオフに突入しようとするまさにその時期に重なり、ちっとものんびりした気分になれないのだ。

まあそれとは別に昨年は年末まで仕事上でガタガタしていて忙しなかったのだが、読んで楽しい話でもないし、書いているほうも楽しくないので書きません。

さてNFLだがペイトリオッツが本当に全勝でレギュラーシーズンを終えてしまった。全勝しても優勝したわけではないのだけどね。これからスーパーボウルにむけてプレイオフが始まるわけだが、今年のペイトリオッツはQBブレイディの50TDパス、WRモスの23TDキャッチ、チーム通算589得点という記録を打ち立てた。失点274で Net Points 315ってのは驚異的な強さだ。次がコルツの188だから圧倒的。

とは言え、シーズン前半から中盤にかけての手のつけられないような強さは終盤になるとさすがになりを潜めてきた。それは対戦相手の研究と対策が進んできたことを意味する。終盤にかけては意外なチームに意外な苦戦をするケースが増えてきた。それでも試合が終わったときにはきっちり勝っているのだから強いことには間違いないのだが。

ではプレイオフではどうなるかと言えば、プレイオフ出場チームはみんなペイトリオッツに照準を合わせているに違いない。途中はどうあれ、ペイトリオッツを倒さないことには絶対スーパーボウルには進めないのが明らかだからだ。いろいろと対策を考え、準備を進めていることだろう。一方のペイトリオッツももちろんそんなことはわかっている。だから相手の準備の裏をかくような、これまで見せてこなかった方策を用意して備えているに違いない。お互いの「引き出しの中身」の質と量がプレイオフの勝敗を決める。そのこと自体は毎年のことで特に変わったことではないが、今年は「ペイトリオッツvs他のチームすべて」の様相を呈している。
それにしても恐ろしいのは、これくらい早めにプレイオフが決まってしまえば消化試合では手の内を見せないことが優先されて勝敗は度外視されてしまうものだが、そんなことは気にかける様子もなく全勝をめざしたことだ。HCベリチックの引き出しには果たしてどれだけタマが隠してあるのやら。

ペイトリオッツの主力には怪我人もほとんど出ていないし、大本命だなあ。プレイオフ含めて19勝0敗というのも現実味を帯びてきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »