« 「おあいにくさま二ノ宮くん4」 | トップページ | 「れでぃ×ばと!5」 »

2008年1月 5日 (土)

「エリアル1」

古書店で見つけた文庫、さらには新刊で入手した文庫、何度かトライしたもののなぜかいつも途中でギブアップしていた星雲賞長編SF部門受賞作品だが、ソノラマ文庫廃刊にともないソノラマノベルスに衣替えして新装再版となった。
今度こそ読み切ってやると覚悟して入手した新書版、ついに読み切ることができた。実際に読み終えてみると、これまでどうして読み終えられなかったのかが逆に不思議である。笹本作品ではほぼ例外なく出てくる元気な女の子が3人いるというのが、感情移入を妨げたのかなあ。文庫2巻分をまとめたこの新書第1巻を読み終えてみると、それぞれキャラとして立ってきたのでこの調子なら最後まで行けるのではないかと期待。

巻末書き下ろしのマイナス1話が気に入った。

|

« 「おあいにくさま二ノ宮くん4」 | トップページ | 「れでぃ×ばと!5」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/17581173

この記事へのトラックバック一覧です: 「エリアル1」:

« 「おあいにくさま二ノ宮くん4」 | トップページ | 「れでぃ×ばと!5」 »