« 「人類は衰退しました2」 | トップページ | 今日は何の日 »

2008年1月31日 (木)

「"文学少女"と月花を孕く水妖」

相変わらずいい感じである。桜庭一樹が直木賞をとるという快挙を成し遂げたが、次の候補は野村美月ではなかろうか。今回は少し時系列を戻しているとのことだけれど、あんまり気にならなかった。
それにしても遠子先輩は無防備である。年頃の男の子と同じ部屋で一晩を過ごすなんて。これでも手を出さない主人公は臆病なのかナイーブなのか。

|

« 「人類は衰退しました2」 | トップページ | 今日は何の日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/17904157

この記事へのトラックバック一覧です: 「"文学少女"と月花を孕く水妖」:

« 「人類は衰退しました2」 | トップページ | 今日は何の日 »