« 「オオカミさんと毒りんごが効かない白雪姫」 | トップページ | まだまだ成長期 »

2008年2月28日 (木)

「昭和のロケット屋さん」

楽しい本でした。編者のブログで紹介されていたので存在自体は知っていたのだが、そんなに読みたいとは思わなかった。書店でたまたま見かけてちょっと立ち読みしたら予想外に面白そうだったのでそのまま買ってしまった。
確かに面白かったんだが、素人を置き去りにした本だなあと思った。それなりに関心を持った人が読めば面白いけれど、これまでまったく興味を持っていなかった人が読むとちんぷんかんぷんだろう。
この本は、もともと新宿ロフトで時々行われているイベントの座談会の内容を文章に起こしているのだが、つまりはそのイベントもそういう雰囲気なのだろうなあ。厳しい言い方をすれば内輪受けにすぎない。もっとも、このイベントや本ではそこまで目的としていないのかもしれないけどね。では、その一方でどれだけ一般大衆に啓蒙活動を行っているかと言えば、うーむ。

|

« 「オオカミさんと毒りんごが効かない白雪姫」 | トップページ | まだまだ成長期 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/40306534

この記事へのトラックバック一覧です: 「昭和のロケット屋さん」:

« 「オオカミさんと毒りんごが効かない白雪姫」 | トップページ | まだまだ成長期 »