« 「お雇い外国人」 | トップページ | 「昭和のロケット屋さん」 »

2008年2月28日 (木)

「オオカミさんと毒りんごが効かない白雪姫」

謎に包まれていた主人公たちの秘密がほんの少しかいま見えてきた。
などとまじめぶってみても結局はお馬鹿小説である。しかしここまで馬鹿になりきるといっそ清々しい。毎度毎度、若者向けの電撃文庫レーベルでこれは許されるのだろうかと人ごとながら気になるのだが、こうしてシリーズとして刊行され続けているのだからいいんだろうなあ。中学生くらいならこれで充分ネタとして役立つかもしれない。
まあそんな心配はともかく、電車の中で笑わずに読むのが大変でした。このシリーズはまだ続くんだろうが、「先輩とぼく」シリーズも継続してほしいなあ。

|

« 「お雇い外国人」 | トップページ | 「昭和のロケット屋さん」 »

コメント

りんごがめっちゃかわいかったheart02   ゴスロリloveheart02heart01

投稿: 詩音 | 2008年3月 3日 (月) 17時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/40306518

この記事へのトラックバック一覧です: 「オオカミさんと毒りんごが効かない白雪姫」:

« 「お雇い外国人」 | トップページ | 「昭和のロケット屋さん」 »