« 「人類は衰退しました3」 | トップページ | 名誉の負傷 »

2008年4月29日 (火)

昭和節に「世界の艦船」を読む

今日は「昭和節」で祝日。最近まで一部では「みどりの日」と呼んでいたりしたらしい。
先日の日曜日は、本来なら秋葉原あたりに月例の物資調達に出撃するはずだったのだが、新たに就役した装備の慣熟走行という喫緊の任務があったために延期されていた。こういう事情で「世界の艦船」を入手するのが今日になってしまった。このごろは Amazon でも買えるので、そちらで注文してしまってもいいのだけど、やっぱり直接店頭で見て確保したい。ついでに御徒町のスポーツ用品店で自転車用のウェア上下を入手。日曜の慣熟走行でその必要性を痛感した。このほか、ヘッドランプ、サドルバッグ、チェーンオイル、クリーニングキット、ツールキット、ボトルラック、サイクルコンピューターなどを近いうちに入手したいと思っている。金食い虫だなあ。自動車よりはマシだが。



ここからが本題。
Amazon に何やら妙な書評が書かれているけど、20年以上毎月欠かさず買い続けている本、こんな書評があってもなくても関係ない。ついでに言うなら、この手の署名記事に目くじら立てるつもりもない。こういう意見もあるんだなくらいに読み流しておけばいいと思ってる。むしろこの書評のほうにこそ何らかの意図があるように見受けられる。

さて、先月3月26日付で行なわれた護衛艦隊と航空集団の改編について、当然この号でも触れられている。96ページから99ページにかけて掲載されている編成表がキモである。この編成表と、以前の記事で紹介していたページの内容を比べてみたが、まったく同一であったので内容は正確だと思っていいだろう。そういえば、「一部未確認」の文字がいつの間にか消えている。
ひとつ面白いのは、各護衛隊の配属先と、所属艦の定係港が一致していないこと。例えば、横須賀所在の第5護衛隊に所属している艦のうち、こんごうの定係港は佐世保、いかづちは横須賀、すずなみは舞鶴、そしてさわぎりは佐世保である。部隊管理がやりにくくないのかなあ。もっとも、護衛隊の「所在地」にどれだけ意味があるかわからないけど。いずれ定係港の整理が行なわれるかもしれない。

|

« 「人類は衰退しました3」 | トップページ | 名誉の負傷 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/41037143

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和節に「世界の艦船」を読む:

« 「人類は衰退しました3」 | トップページ | 名誉の負傷 »