« 家計のやりくりは重要な仕事 | トップページ | トップをねらえ »

2008年6月29日 (日)

兵隊さんご苦労さま

タイトルに深い意味は・・・もういいですかそうですか。

岩手・宮城内陸地震への災害派遣はもう撤退したかのように報道されているが、実際にはまだ継続している。初動が一段落してそれまでとは異なる形での派遣が行なわれている。

やはりソースは防衛省のサイトになるのだが、これまでの派遣部隊は前の記事を参照してもらうとして、その後追加派遣された部隊は以下の通り。

陸自
・第1施設大隊(朝霞)
・第12施設中隊(新町)
・施設学校(勝田)

明らかに施設部隊に重点が移っている。人手よりも技能が要求される段階に移っている証左であろう。
ところでこの防衛省の発表内容にはいろいろと瑕疵があって、派遣部隊一覧に出てこない部隊名が個々の活動実績に散見される。例えば以下のような部隊だ。

・第6特科連隊(郡山)

このほか、「東方施設支援隊」というのが登場して、普通に考えると「東部方面施設支援隊」のことだと思うのだが、実はこういう部隊は存在しないはずだ。「東部方面後方支援隊」の「第102施設直接支援中隊」かなあ。

|

« 家計のやりくりは重要な仕事 | トップページ | トップをねらえ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/41686250

この記事へのトラックバック一覧です: 兵隊さんご苦労さま:

« 家計のやりくりは重要な仕事 | トップページ | トップをねらえ »