« 兵隊さんご苦労さま | トップページ | 第5護衛隊群 »

2008年6月30日 (月)

トップをねらえ

ニュースサイトに限らず報道機関がその日その日にどのニュースをトップで扱うか、それぞれの立場や考え方や得意としている分野によって変わってくるのは当然のことだ。

しかしこれはさすがに意表をつかれた。まさかこれを今日のトップに持ってくるとは。

100 years since Tunguska (spaceflightnow.com)

三十一と同年代の、昭和40年代に少年時代を過ごしたオトコノコは、一度くらいはこの「謎の落下物」の話を聞いたことがあるだろう。当時、現場のツングースカは鉄のカーテンの向こう側であるソ連領ということもあって詳しいことは何もわからず、だからかえって様々な憶測や妄想を産んだ。今となっては噴飯ものだが、そのころの少年向け雑誌や書籍の論調の主流は「UFOの墜落」というものだった。時代を感じるねえ。

この記事によると、このような天体の落下は300年に一度くらいは起きても不思議ではないとされている。ツングースカの事件からちょうど100年だから、あと200年は大丈夫と考えるのは確率というものを理解していない者の浅はかさだ。そういうおっちょこちょいはちゃんとこの記事を最後まで読みたまえ。

|

« 兵隊さんご苦労さま | トップページ | 第5護衛隊群 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/41698310

この記事へのトラックバック一覧です: トップをねらえ:

« 兵隊さんご苦労さま | トップページ | 第5護衛隊群 »