« 衛星情報収集 | トップページ | 出撃未遂 »

2008年6月 4日 (水)

重要なパーツ

先日打ち上げられたスペースシャトル・ディスカバリーには国際宇宙ステーションに届けられる重要な荷物が2種類搭載されていた。

そのうちひとつについてはマスコミがさんざん報道しているのでここでは触れない。
もうひとつの荷物もつい先ほど国際宇宙ステーションに無事とりつけられた。しかしこちらのほうについては日本のマスコミではまったく触れられていないように思う。国際宇宙ステーションのクルーにとっては「きぼう」なんぞよりもよっぽど重要だったに違いないのだが。

Crew to repair station toilet and enter Kibo today (spaceflightnow.com)

人間どこに住んでいても食べるものを食べて、出すものは出さないといけないもんねえ。

ところで、先日の記事で挙げた「5月の打ち上げ」はあれで正しかったらしく、漏れはなかった。5月いっぱいまでの時点で今年の打ち上げは27回。うち過半数に近い13回がロシア製のロケットを使っている(シーローンチを含む)。アメリカ製がそのまた半分の7回。残り7回の内訳はフランス2回、中国2回、インド2回、そして日本1回。うーむ。

そういや、野尻ボードで文部科学省の役人が限られた予算枠の取り合いになるから宇宙基本法に反対とコメントしていたという投稿があったけど、官需に頼っているかぎり限界があると三十一は見ており、その予算枠をぶっ壊すためにも民需を喚起するような政策の転換が必要だと考えている。て言うかね、日本にだって衛星需要はちゃんとあるのだよ、業界の受け皿がないだけで。

|

« 衛星情報収集 | トップページ | 出撃未遂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/41428668

この記事へのトラックバック一覧です: 重要なパーツ:

« 衛星情報収集 | トップページ | 出撃未遂 »