« 「世界の歴史6/隋唐帝国と古代朝鮮」 | トップページ | 兵隊さんご苦労さま »

2008年6月29日 (日)

家計のやりくりは重要な仕事

米陸軍、空軍には Material Command と言う機構がある。海軍にもあったはずだがもう少し小さい組織に細分化されたようだ。日本語では「資材本部」などと訳されているケースが多いようだが、三十一には横文字もしくは片仮名で「マテリアルコマンド」と呼ぶほうがなじみがある。

自衛隊で言えば陸自の補給統制本部、海空自の補給本部に相当する。これらの組織の長はいずれも将がつとめているように、目立たないが重要な組織だ。米軍では統合軍と同じく大将が任命されるのが通例だ。
このたび、米陸軍のマテリアルコマンドの指揮官(Commander of Army Material Command) が交代した。現在、補給担当陸軍参謀次長(Army deputy chief of staff for logistics) の任にあるダンウッディー中将が大将に昇進の上就任することがゲイツ国防長官から発表された。実際には、この手の高級将校の昇進と任命は議会上院の承認が必要なので、まだ承認待ちの状態なのだが、よほどのことがないかぎり否決されるとは考えられない。

前置きが長くなったが、このダンウッディー中将 (Army Lieutenant General Ann E. Dunwoody) は、米軍で、そしておそらく世界でも初めて大将に昇進する女性なのである。

President Nominates Woman Army General for Fourth Star (News: DefenseLink)

ちなみに自衛隊では幹部と一般隊員のいずれでも女性自衛官が任務につくようになって久しいが、三十一が知るかぎり現在の将官(将および将補)に女性はひとりもいない。女性の将補というのも何例かあるのだがたいていは退職時の特別昇任で、実際に将官として任務についていた例はあるのだろうか。

|

« 「世界の歴史6/隋唐帝国と古代朝鮮」 | トップページ | 兵隊さんご苦労さま »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/41685582

この記事へのトラックバック一覧です: 家計のやりくりは重要な仕事:

« 「世界の歴史6/隋唐帝国と古代朝鮮」 | トップページ | 兵隊さんご苦労さま »