« 7月の打ち上げ | トップページ | 「乃木坂春香の秘密4/5/6/7/8」 »

2008年8月 4日 (月)

"いなづま"と"さざなみ"は後ろ姿で区別がつかない

2日の横須賀基地公開で得た最大の成果。
この二隻はタイプが違うんだけど、区別がつきますかね。

P5090007

右の"いなづま"はむらさめ級で、左の"さざなみ"はその改良型のたかなみ級だ。違いと言えば主砲が新しくなったこと、前甲板のVLSが変わったことくらいで準同型艦と言ってよいくらいの差しかないことはもちろんわかっていた。しかし後ろから見るとまったく違いがわからない。告白すると、はじめのうちは「同じタイプを2隻見てもしょうがないな」と思っていたのだ。三十一なら艦尾の名前で気づくべきだったね。

横須賀についてパンフレットを見て初めて気づいたのだが、同じ日に米軍基地も公開されていて、そちらでも艦艇の見学が可能になっていた。というわけで午前中は自衛隊、午後は米軍と急遽ダブルヘッダーをこなすことになり、結局時間が足りなかった。時間が2日ほしかったところだ。でも実際に2日出撃していたら倒れてただろうな。

公開されていた艦艇は以下の通り。

自衛隊横須賀基地:
- 護衛艦ひえい (DD-142)
- 護衛艦いなづま (DD-105)
- 護衛艦さざなみ (DD-113)
- 潜水艦やえしお (SS-598) - 一般への公開なし
- 砕氷艦しらせ (AGB-5002)
- USS Cowpens CG-63

米軍横須賀基地:
- USS Mustin DDG-89
- 護衛艦はつゆき (DD-122)

このほか、公開はなかったけどゲート越しに USS Thach (FFG-43) と、USS Blue Ridge (LCC-19) を見ることができた。そのほか Arleigh Burke 級がざっと3隻。

自衛隊のほうでも、"しらせ"のむこうに"わかさ"、対岸の岸壁に"くりはま"と"えんしゅう"。そして米軍基地に向かうバスの中から"はしだて"を目撃した。
いやー、濃い1日でした。

ざっと150枚ほど写真を撮ったけど、もっぱら注目するところがハイラインのためのスライディングパッドアイとか、旗甲板に据え付けられた信号旗箱とか、艦橋脇のウィングの床の敷物の素材とか、各艦の時鐘とか、艦橋の窓ぎわに置かれていた「艦長用」と書かれた双眼鏡とか、普通の人ならあまり気にしないようなところであるのが三十一らしいと言えば三十一らしい。

時間がなくなって、PXで買い物をするどころか昼飯を食うひまもなかったのが残念。来年また行きたいっす。

最後に、米軍基地内でみつけた不思議な看板。

P5100122

英文がないと日本人でも日本語の意味がわからないぞ。

|

« 7月の打ち上げ | トップページ | 「乃木坂春香の秘密4/5/6/7/8」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/42064822

この記事へのトラックバック一覧です: "いなづま"と"さざなみ"は後ろ姿で区別がつかない:

» AVIREX U.S.A ミリタリーブーツ YAMATO AV2100 BLACK [いけてる靴!!]
AVIREX U.S.A ミリタリーブーツ YAMATO AV2100 BLACK大戦時代には「海軍航空隊」「陸軍航空隊」という「空軍戦力」であり、戦後は独立した米空軍の“支援”を受けて創設されたのだから 5人のファイター・パイロット列伝 (ミリタリー選書 22) (ミリタリー選... [続きを読む]

受信: 2008年8月 9日 (土) 15時00分

« 7月の打ち上げ | トップページ | 「乃木坂春香の秘密4/5/6/7/8」 »