« 麻生復職 | トップページ | 日本語では泳ぐといい、英語では歩くと言う »

2008年8月 8日 (金)

8月の歓声 - The Cheers in August -

タイトルはパクりである。

今月、2008年8月のもっとも注目されるべきスポーツニュースと言えば、NFLのプレシーズンゲームが始まったことだ。
・・・他に何かあったっけ?

わがデンバーのロスター/デプスはそれほど大きく変わっていない。QBは去年に引き続きカトラー。前任のプラマーや、長年エースQBをつとめていたエルウェイが機動力を生かしたプレースタイルだったのに対し、カトラーは典型的なポケットパサーだ。HCシャナハンの攻撃システムがカトラーにマッチするかどうかが鍵だし、心配の種でもある。
今年のRBは、去年2番手だったセルヴィン・ヤング。もともとRBのタレントには頼らないチームだから、ラインさえしっかりすればそこそこ距離を稼ぐだろう。問題はそのラインで、このユニットは少し面子が変わっている。特に、QBのブラインドサイドを守る左タックルが新人だというのが大きな不安、少なくとも未知数だ。

ディフェンスで鍵を握るのは(去年から同じことを言ってるのだが)ラインだ。特にDTが機能するかどうかが重要。DTがフィールド中央を固めているからDEやLBが動けるのだ。2年目トーマスが化けてくれることを祈る。DB陣はタレント揃い、ただし交代要員との能力ギャップと、年齢が比較的高いのが不安材料。

ところで、開幕直前にビッグニュースがとびこんできた。昨シーズンいっぱいで引退したはずのファーヴが現役復帰し、NYジェッツにトレードされたのだと。もう少しファーヴのプレイを見てみたかった三十一としては歓迎すべきニュースなのだが、果たして先発をとれるかなあ。体調さえ万全ならペニントンには勝てそうだけど。

本格的なレギュラーシーズンの開幕までは、あと1月。

|

« 麻生復職 | トップページ | 日本語では泳ぐといい、英語では歩くと言う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/42100914

この記事へのトラックバック一覧です: 8月の歓声 - The Cheers in August -:

« 麻生復職 | トップページ | 日本語では泳ぐといい、英語では歩くと言う »