« 8月の打ち上げ | トップページ | 2008年の始まり »

2008年9月 2日 (火)

福田退陣

まるでデジャブーのようである。

「既視感」ではなく「既視」だと言えなくもない。

まあしかししょうがないのかなあとも思う。このねじれた国会の現状では、最大野党たる民主党となんらかの交渉もしくは妥協がなくてはものごとは進まない。だが、民主党は参議院選での勝利に浮かれて政権奪取も間近ともくろみ、遮二無二対決姿勢を貫いた。妥協の構えをかいま見せた小沢党首も、党内の突き上げをくらって交渉を引っ込めざるを得なくなった。もうこうなってはまったく交渉の余地はない。なんらかの打開策が必要なのだ。

「解散総選挙こそが打開策だ」という者がいるが、政権党たる自民党にとって解散のメリットはない。与党で3分の2を占めている衆議院を解散して、議席を減らせばもちろん打撃だし、仮に議席が増えたとしても党としてはあまり意味がない。(自民党にとって)根本的な問題は過半数を割った参議院だ。衆議院解散は参議院の現状を変えるものではない。

だがいずれにせよ遠くない未来に総選挙はやってくる。このまま福田が総理として在職していても、何も進まないままずるずると時間だけが過ぎて最悪の状況のまま総選挙に突入するというシナリオだけは避けたい。内閣改造もさして効果をあげられなかった現在、衆議院解散をのぞいてもっともインパクトのある「変化」は内閣の交代だ。

福田総理は、辞任会見の中で「わたしはあなたと違って自分を客観的に見ることができる」と述べていた。それが本当かどうかは本人しかわからないが、ある程度突き放して自分自身を「コマ」として見ることができるのだろう。「自分」をはずすことがこの際ベストとまでいかなくともベターな選択であるということを受け入れ、そして実行できる人間はそれほど多くない。だからこそ一般受けしなかったんだろうなあ。

さて、2008年総理杯の行方やいかに。去年と大して顔ぶれは変わってないけど。

|

« 8月の打ち上げ | トップページ | 2008年の始まり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/42362164

この記事へのトラックバック一覧です: 福田退陣:

« 8月の打ち上げ | トップページ | 2008年の始まり »