« 百科事典に掲載されるような人物になってみたい | トップページ | ほこりを捨てよう »

2008年10月 9日 (木)

ノーベル賞をとったから百科事典に載るわけじゃない

今年のノーベル物理学賞を、ひとりの日本生まれのアメリカ人と、ふたりの日本人が受賞し、化学賞をひとりの日本人が受賞したということで「科学技術立国」日本は浮かれているようだ。

南部陽一郎という名前は、なんとなく聞き覚えがあった。ブルーバックスに著作があるそうなので、読んだのかもしれないが記憶がない。別の本を読んだときに紹介されていたのかもしれない。「今までとっていなかったのがむしろ不思議」と複数の人がコメントするくらいだから、相当実績のある人だということだろう。不幸にもノーベル賞がとれなかったとしても百科事典に掲載されることは間違いない。

告白すると、三十一は何度か量子論や素粒子論の入門書を読んだけど、ついぞ理解できたことがない。スピンとかストレンジネスとか、単語はそこそこ知っているけど理解しているとはとても言えない。「対称性の自発的破れ」も現代物理の基礎概念だということだけど、まったくわかっていません。ブルーバックスが増刷されるそうなので買って読んでみようかな。騒動が一段落してからにするか。そのころには古本屋に大量に出回っていそうだ。

面白かったのは、益川さんだったと思うが「ノーベル賞よりも、自分の理論が確認されたときのほうがうれしかった」と言っていたが正直な気持ちだろう。そもそもそれこそが研究の目的だしなあ。

|

« 百科事典に掲載されるような人物になってみたい | トップページ | ほこりを捨てよう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/42738850

この記事へのトラックバック一覧です: ノーベル賞をとったから百科事典に載るわけじゃない:

« 百科事典に掲載されるような人物になってみたい | トップページ | ほこりを捨てよう »