« 日本と中国とインドの女神 | トップページ | 今年も首が飛ぶ »

2008年10月22日 (水)

「まぶらほ・またまたメイドの巻」


「メイド」なのになんで「軍事」カテゴリーなのかと思った人もいるだろう。その疑問はもっともだ。だがしかしこのシリーズ(まぶらほ・メイド編)は何よりもこのカテゴリーがふさわしい。表紙に見えている拳銃はワルサーP38ですかね。

アマゾンの書評が☆3つなのは、本編に対する評価であってこの本に対する評価じゃないよね。ていうか、本編やめてメイド編だけに集中すればいいのにというのは言い過ぎかなあ。本編をまったく読んでいないと設定がわからないけど、最初の何冊か読んでいればだいたい事足りる。実は三十一がその状態なのだ。
このシリーズだけアニメ化しないかな。リーラ役は生天目仁美、と言いたいところだけどすでに夕菜役なので、じゃあ茅原実里でお願いします。

|

« 日本と中国とインドの女神 | トップページ | 今年も首が飛ぶ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/42874646

この記事へのトラックバック一覧です: 「まぶらほ・またまたメイドの巻」:

« 日本と中国とインドの女神 | トップページ | 今年も首が飛ぶ »