« サスペンス劇場 | トップページ | 幕僚長人事、浪高シ »

2008年10月30日 (木)

最近のヒット曲はどれも同じに聞こえる

というオジサンは、実は音楽に対する理解力が高いのであってトシをとっているわけではないというお話。

JPOPサウンドの核心部分が、実は1つのコード進行で出来ていた、という話 (音極道)

JPOPのワンパターン (松浦晋也のL/D)

三十一もクラシックな人間なのだが、たまにJPOPを聞くと正直区別がつかない。もっとも、三十一がJPOPを好まない最大の理由は愛だの希望だの夢だの感動だの信じるだのと言ったきれい事を並べ立てた歌詞に虫酸が走るからなのだが。

個人的には三十一も松浦さんと同じく、JPOPが滅亡してもまったく惜しいとは思わない。ただ以前にも言ったことだがクラシックというマイナーなジャンルのメディアが曲がりなりにも商用流通機構に乗っているのは、JPOPなり演歌なりといったそれなりのマスが見込めるジャンルのために用意された仕組みの片隅に便乗させてもらっているからだ。
そういう意味では、JPOPが滅亡するのは勝手だがそれに引きずられてそれ以外の分野も致命傷を負いかねない。松浦さんのように達観する気にはなれないなあ。

|

« サスペンス劇場 | トップページ | 幕僚長人事、浪高シ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/42957182

この記事へのトラックバック一覧です: 最近のヒット曲はどれも同じに聞こえる:

« サスペンス劇場 | トップページ | 幕僚長人事、浪高シ »