« 北斗星の寿命永らえて | トップページ | 読み捨てられた本・たなおろし »

2008年12月23日 (火)

劇的な展開を演出してもらいたいわけじゃない

前にも書いたけど、第14週が終わって残り3試合となった時点で我がデンヴァーは8勝5敗でAFC西地区1位。2位のサンディエゴは5勝8敗で3ゲーム差となっていた。つまりこの時点で野球で言えばマジック1といった状況で、あとひとつ勝つか、あるいはサンディエゴがひとつでも負ければ地区優勝が決まる。最終週に直接対決があるけれど、まさかそこまでひっぱることはなかろうと希望をまじえた楽観を保っていた。

ところが我がデンヴァーはそこから2連敗。サンディエゴは2連勝。ゲーム差1で最終週直接対決ということになった。デンヴァーが勝てば9勝7敗、サンディエゴは7勝9敗となって文句なくわがデンヴァーが地区優勝してプレイオフに出られる。万一負けるようなことがあれば星勘定は8勝8敗で並ぶ。こういった場合にどちらが上位になるかというのは、さすがアメリカだけあって細かく決められていて、まず直接対決の結果。第2週でまずひとつ勝っているので、1勝1敗となってこれでは決まらない。次は同地区内での勝率だが、現在デンヴァーは3勝2敗に対しサンディエゴは4勝1敗なのだ。すでに負けているからして、最終戦に負けたりするとこの条件で上回られて地区優勝を持っていかれることになる。要するに、最終戦に勝ったほうが地区優勝するということだ。わざわざこんな劇的な展開を演出してほしいわけじゃない。どこかでひとつ勝って、そんな展開にならないでもプレイオフに進んでほしかったんだけどなあ。まずいことにこの最終戦はサンディエゴの地元なんである。勢いも向こうに有利そうで、不安。

ちなみに同地区2チーム間の Tie Breaking Procedure はこのようになっている。
1.直接対決の結果
2.同地区内の勝率
3.共通するチームとの対戦の勝率
4.カンファレンス内の勝率
5.勝利したチームの勝率
6.対戦チームの勝率
7.カンファレンス内対戦での得失点差
8.全試合での得失点差
9.共通するチームとの対戦での得点
10.全試合での得点
11.全試合でのタッチダウン数
12.コイントス

12.まで決めてあるけど実際に見たことあるのはせいぜい2.まで。3.は記憶にない(気づいてなかっただけかもしれないけど)。

|

« 北斗星の寿命永らえて | トップページ | 読み捨てられた本・たなおろし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/43510680

この記事へのトラックバック一覧です: 劇的な展開を演出してもらいたいわけじゃない:

« 北斗星の寿命永らえて | トップページ | 読み捨てられた本・たなおろし »