« スペースが節約できるようになりました。 | トップページ | 「蒸気機関車の技術史」 »

2009年2月26日 (木)

ふたたびサクラサク。

"さくら"という単語で自衛隊ネタを期待した方、残念でした。

新幹線の列車名決定!! (JR九州)

今からほぼ2年後、2011年春に開業が予定されている九州新幹線で、山陽新幹線から直通運転される列車の愛称が発表された。それが"さくら"である。

先代の"さくら"が2005年3月に廃止されてから6年での復活となる。

そもそも"さくら"は漢字の列車名"桜"として戦前の昭和4年に東京~下関間の三等特急(特急の中で三等だ、というわけではなく三等車で編成された特急、ということ。一二等車で編成された特急は同時に"富士"と命名された)に命名された。それまでは列車名がなく単に列車番号3(下り)、4(上り)の特急列車でしかなかった。
当時のことであるからもちろん夜行列車で、東京を昼過ぎに発ち関西を夜9~10時前後に通過し、翌朝下関に着くというダイヤだ。そのころ三等車には寝台はなくすべて座席だったから大変な旅だったろう。この"桜"はやがて各等特急に変わって二等車も連結されるようになったが、戦時中に急行に格下げされて愛称は消滅した。

戦後は平仮名の"さくら"としてまず東京~大阪間の臨時特急として多客期に運転されたが、定期列車として復活したのは東京~長崎間のブルートレインだ。1959年から2005年まで走り続けた。

正直なところ、三十一には"さくら"という列車にあまり思い入れがない。個人的には2位に終わった"はやぶさ"のほうが好きだなあ。鹿児島行きの列車なら、"はやぶさ"でよかったような。九州内の新幹線として"つばめ"も残ることになるそうな。由緒ある列車名が復活するのは悪いことではないけれど、イメージを壊すようなことはしてほしくない。

|

« スペースが節約できるようになりました。 | トップページ | 「蒸気機関車の技術史」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/44186622

この記事へのトラックバック一覧です: ふたたびサクラサク。:

« スペースが節約できるようになりました。 | トップページ | 「蒸気機関車の技術史」 »