« インフルエンザ罹患を予防するための控えめな提案2 | トップページ | too little, too late. »

2009年2月23日 (月)

デフラグ実行中

最近、PCでやらせている作業(動画エンコーディング)のパフォーマンスが急に悪化した。こないだまでは1話24分を処理するのにだいたい20分くらいかかっていた。それがあるとき、シャットダウンして再起動してから以降、40分くらいになっている。
CPUが遅くなったということもなく、データの内容が大きく変わったわけでもない。原因は特定できていないが、消去法で考えていくとディスクかなあ。ディスクそのものがおかしくなったとは思っていないが、もしかしてと思って見てみると作業ファイルを置いてあるドライブが盛大にフラグメンテーションを起こしている。とりあえず一日かけてデフラグを実行してみたがあまり改善された様子がない。

せっかく1.5TBの大容量ディスクを買ったので、これを使ってデフラグをすることにする。新規に追加されたドライブはEドライブ、デフラグ対象のドライブはGないしH。まずEドライブ1.5TBを物理フォーマット。その後、GドライブからEドライブに内容を全部コピー。その後Gドライブをクイックフォーマット。EドライブからGドライブに内容をコピーし直す。Eドライブをクイックフォーマット。
同じ内容をHドライブについても行なえば、これ以上ないくらい綺麗にデフラグができるというものだ。

書くと簡単なようだが、問題は実行時間。
昨日の夕方から初めてまだGドライブの分も終わってない。これが終わらないと、本来Eドライブに置くつもりだったデータが置けないのだよ。

|

« インフルエンザ罹患を予防するための控えめな提案2 | トップページ | too little, too late. »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/44156214

この記事へのトラックバック一覧です: デフラグ実行中:

« インフルエンザ罹患を予防するための控えめな提案2 | トップページ | too little, too late. »