« 決まっていたことが決まっただけのこと | トップページ | 上に立つハコ »

2009年3月10日 (火)

「とらドラ8/7/9/10」

シリーズも完結したところで、まとめて紹介。

タイトルとリンクの順番がおかしいと思うかもしれないが、これはこれで正しいのだ。この順番は三十一が読んだ順番である。
もちろん本人はきちんと刊行順に読むつもりだったのだが、8巻を入手して読み始め、「なんだか話がよく見えないなあ」と思いながら最後まで読んでしまい、その後7巻を見つけて読み始めてみると明らかに初めて読む内容だった。つまり7巻を飛ばして8巻を読んでしまったのである。それでもそれほど違和感なくストーリーが把握できたのはそれだけ場数を踏んでいたということだろうか。

紆余曲折はあったが結局こういうカップリングになったか。納まるところに納まったと言えなくもないのだが、三十一としてはどうにも納得がいかないのである。三十一的には大河よりも実乃梨のほうが気に入っていたということもあるのだが。
アニメのほうもそろそろ佳境だが、同じ結果になるのかあ。

|

« 決まっていたことが決まっただけのこと | トップページ | 上に立つハコ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/44306048

この記事へのトラックバック一覧です: 「とらドラ8/7/9/10」:

« 決まっていたことが決まっただけのこと | トップページ | 上に立つハコ »