« ボキャブラ○国 | トップページ | 隅田川の金太郎 »

2009年3月 6日 (金)

すり抜けられなかったザルの穴

代休で会社を休む。それなりに予定していたこともあったのだが、朝から強い雨で結局でかけるタイミングがなかった。雨の中わざわざでかけるほどの用でもないし。

なんとなくテレビをつけたらちょうど国会中継をやっていたのでそのまま見る。正直言って、下手な昼メロやらバラエティー番組よりもよほど面白い。当人たちはいたって真面目なのだろうがけっこう笑えますよ。

今日のネタは参議院予算委員会。各党代表質問のうち与党代表の質問は出来レースなので適当に聞き流すとして、野党が出てくると俄然面白くなる。特に面白かったのは共産党の質問だ。
もちろん三十一は共産党という政党を支持しない。だが共産主義者は唯物主義で理屈っぽいので追求が理詰めで、しかも政治宣伝を重視するので見せ方がうまい。例の西松建設献金問題を追及するときに、わざわざ総務省の役人に「新政治研究会」の住所を報告させ、次に国土交通省の役人に「西松建設」の本社住所を報告させ、「同じですね」と言わせる演出はちょっとあざといが。

小沢一郎自身がいみじくも自ら暴露していたように、企業からの献金であれば政党支部で受け取り、それ以外の団体または個人からの献金であれば政治資金管理団体で受け取りさえすればいい、というのでは事実上企業からの献金は野放しと言える。まさに「カネの出所によって右のポケットに入れるか左のポケットに入れるかの違いでしかない」(小池晃・参議院議員-共産党)。

要するに現在の政治資金規正法はまったくのザル法だということだ。そのザルの穴ではなく網の部分になんとかひっかけようとしたのが東京地検だったということかな。

|

« ボキャブラ○国 | トップページ | 隅田川の金太郎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/44263602

この記事へのトラックバック一覧です: すり抜けられなかったザルの穴:

« ボキャブラ○国 | トップページ | 隅田川の金太郎 »