« さすが五千年の歴史の国 | トップページ | 「ミニスカ宇宙海賊2」 »

2009年4月24日 (金)

ヒノキとサクラ

誰かが裸で池に飛び込んだとかで一躍有名になった檜町公園。
「檜町」という文字を見て「ああ、懐かしい」と思った関係者も少なくないだろう。

我らが桜興産の本社が現在の市ヶ谷に移る前は、ここ檜町に本社があったのだ。一般には「六本木」で通っていたようだが、内部的には「檜町地区」と呼ばれていた。
市ヶ谷移転の跡地は再開発され、ミッドタウンになった。檜町公園自体はそれ以前からあって桜興産本社社員の憩いの場になっていたのだが、再開発にあわせて整備し直したとのこと。

ちなみに桜興産グループには桜土建、桜海運、桜空輸という子会社があり、日本全国で絶賛営業中。桜海運は現在、遠くインド洋まで営業にでかけています。

|

« さすが五千年の歴史の国 | トップページ | 「ミニスカ宇宙海賊2」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/44780138

この記事へのトラックバック一覧です: ヒノキとサクラ:

« さすが五千年の歴史の国 | トップページ | 「ミニスカ宇宙海賊2」 »