« 知っているからと言って理解しているとは限らない | トップページ | ハズレと思ったらアタリでした »

2009年4月10日 (金)

コトダマのクニ、ニッポン

日本政府は北朝鮮の例のアレはミサイルだったと断定した。

我が国の対北朝鮮措置について(内閣官房長官発表) (首相官邸)
政府、「ミサイル」と表現 (asahi.com)
北の飛翔体は「ミサイル」 (YOMIURI ONLINE)

何を根拠に「人工衛星」ではなく「ミサイル」と断定したのだろうか。ひょっとして、報道されていない情報を内閣官房なり外務省なり自衛隊なりは握っているのだろうか。

どうもそうは思われない。例のアレが「ミサイル」でないと抗議の意味が薄れるとでも思って、「ミサイル」と呼ぶことにしたんではなかろうか。

しかし、最初はそうでも「ミサイル」と呼び続けているうちに「やっぱりアレは『ミサイル』だったんではなかろうか」と信じるようになってくる。そうすると、それ以降のすべてが「ミサイル」を前提として動き始める。前提の間違った議論は正しい結論を導くことができない。

わからないものはわからないまま飲み込むのも、ある意味勇気が必要だ。

|

« 知っているからと言って理解しているとは限らない | トップページ | ハズレと思ったらアタリでした »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/44630003

この記事へのトラックバック一覧です: コトダマのクニ、ニッポン:

« 知っているからと言って理解しているとは限らない | トップページ | ハズレと思ったらアタリでした »