« 化学物質と無縁の生活は可能か否か | トップページ | 「"文学少女"見習いの、初戀」 »

2009年5月11日 (月)

かねてから行こう行こうと思っていたシリーズ第二弾

GW最終日、ということだけど三十一は普通にカレンダー通り休んだだけなので実質的にはただの日曜。
もともとは日帰り房総半島一周ツアーを考えていたのだけど、朝のうちに洗濯したりしてのんびりしている間に予定していた列車に乗れなくなってしまったため、駅へ向かう道すがら考えて結局、つくばエクスプレスの未乗区間(ほとんどが未乗だったのだが)を踏破することにした。

秋葉原-北千住間はすでに開業から数日のときに乗っているので、北千住以遠ということになる。ホームに上がったらちょうど快速が来ていたのでそれに乗って終点つくばへ。
ほとんど高架または地下で、駅ではホームドアが邪魔だし駅間では防音壁で景色が見づらい。あまり乗っていて楽しい路線ではないなあ。ただ、つい最近まで鉄道とは無縁だった沿線は、首都圏とは思えないくらい緑が多い。こういうところに住んでTXで通うのも悪くないかなと一瞬思ったが、駅周辺はすでに開発が進んでいるようだ。終点つくばまでは30分余り。

そのまま同じ路線で引き返すのが一番楽なのだが、それでは芸がないので駅前のバスターミナルから路線バスで常磐線に出る。ひたち野うしく行き、荒川沖行き、土浦行きがあるようだが、ちょうど荒川沖行きバスが来たのでそれに乗る。

バスはつくば学園都市の中を走る。途中でJAXA前を通ったり。一般人とおぼしき子供連れが入っていったけど見学できたのかな。終点の荒川沖で降りる。降りて気づいた、この駅は少し前に通り魔事件が起きてたね。テレビで見た覚えのある景色だ。

次の列車が来るまでしばらくあったが、ホームで待つ。待っていると、反対方向の下り貨物列車がちょうどやってきた。EF81が牽くコンテナ列車だ。がんばれ貨物列車。

P5100019
ほんの15分ほどの間にさらに下りのスーパーひたち(651系)、上りのフレッシュひたち(E653系)が通過していく。E531系の常磐線快速で上野へ。茨城県内では線路沿いに田植えしたばかりの田んぼが広がる。

今日の旅程:
北千住(1111)→つくば(1145) つくばエクスプレス 3019
つくば→荒川沖 関東鉄道バス
荒川沖(1236)→上野(1340) 1380M

|

« 化学物質と無縁の生活は可能か否か | トップページ | 「"文学少女"見習いの、初戀」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/44974106

この記事へのトラックバック一覧です: かねてから行こう行こうと思っていたシリーズ第二弾:

« 化学物質と無縁の生活は可能か否か | トップページ | 「"文学少女"見習いの、初戀」 »