« 「日本の歴史06 道長と宮廷社会」 | トップページ | はやねはやおき »

2009年6月 1日 (月)

5月の打ち上げ

5月は8回。主要国の主流ロケットがほとんどだが、ひとつだけ異色なのが Minotaur I。

5日 20:24GMT、バンデンバーグ(アメリカ)、デルタ5(STSS-ATRR)

7日 18:37GMT、バイコヌール(カザフスタン/ロシア)、ソユーズU(Progress M-02M)

11日 18:01GMT、ケープカナベラル(アメリカ)、STS-125アトランティス

14日 13:12GMT、クールー(仏領ギニア)、アリアン5(Hershell、Planck)

16日 00:57GMT、バイコヌール(カザフスタン/ロシア)、プロトン(ProtoStar2)

19日 23:55GMT、ワロップ島(アメリカ)、マイノトー1(TacSat-3、Pharmasat、Hawksat-1、CP-6、Aerocube 3)

21日 21:53GMT、プレセツク(ロシア)、ソユーズ2.1a(Cosmos 2451 Meridian2)

27日 10:34GMT、バイコヌール(カザフスタン/ロシア)、ソユーズFG(Soyuz TMA-15)

ソユーズ・シリーズが3基も打ち上げられている。シリーズとしては同じだけどバリエーションとしては全部違う。個人的に注目なのはソユーズ2.1a 。ソユーズ2シリーズは次世代ソユーズと言いながらあまり打ち上げペースが上がらない。去年7月26日のソユーズ2.1b 以来約10か月ぶりとなる。それでも三十一の印象としては少しずつペースが上がってきてるような気がする。
もうひとつ、ソユーズTMA有人宇宙船が2か月という短い間隔で打ち上げられた。ここ数年、半年に一回春と秋に打ち上げというパターンが続いていたので、ここでパターンが崩れたことになる。これは2010年のスペースシャトル引退と関連した動きであろう。

|

« 「日本の歴史06 道長と宮廷社会」 | トップページ | はやねはやおき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/45207725

この記事へのトラックバック一覧です: 5月の打ち上げ:

« 「日本の歴史06 道長と宮廷社会」 | トップページ | はやねはやおき »