« ウラシマナオキ | トップページ | 「ヨーロッパ近世の開花」 »

2009年6月 7日 (日)

でっかいわあ☆

秋葉原に馴染みのない人にはわかりにくい話題で申し訳ないが、秋葉原の石丸電気本館が改装のため閉鎖されている。いっぽう、同じく石丸電気のソフト1が閉館となった。ソフト2に統合されることになったとか。

実は、三十一は石丸電気のお得意様なのだ。

だいたい20年近く前、本館が今のような本館ではなく、エスカレーターのない旧本館と上りエスカレーターだけがあった別館のツギハギでできていた頃から通い詰めていた。もっぱら本館最上階の輸入CD売り場でクラシックCDをあさっていたのだ。
あのころは、会社帰りに30分でも時間があれば必ず秋葉原に寄って、別館のエスカレーターで最上階まで上がり、狭い連絡通路を通って本館に渡ってCD売り場に出、多いときには一度に10枚以上も買っていたものだ。

その本館別館が取り壊されて今の本館が建設されている間に、輸入CD売り場はソフト1に移り、1階の奥半分がクラシック売り場に充てられていた。しかしクラシック売り場はやがて半減し、ついには姿を消し、本館のCD売り場でも輸入クラシックは扱わなくなって、今では輸入クラシックCDを扱っているのはクラシック&ジャズ館だけになった。ここ半年くらい、前は通っても中には入っていないかもしれない。

秋葉原が変わっていくのは仕方ないことではあるが寂しいことでもあることよ。

|

« ウラシマナオキ | トップページ | 「ヨーロッパ近世の開花」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/45270418

この記事へのトラックバック一覧です: でっかいわあ☆:

« ウラシマナオキ | トップページ | 「ヨーロッパ近世の開花」 »