« 5月の打ち上げ | トップページ | 科学は人類を不幸にしたか »

2009年6月 3日 (水)

はやねはやおき

数年前まで同じ部署で働いていたおじさんが、11時に寝て5時に起きる生活をしていると聞いたときには「自分にはそんな生活無理だなあ」と思ったものだ。

昨夜、三十一は9時に帰ってきて9時半に風呂に入り、10時半に寝た。
特に眠かったというわけでもないのだが、昨日は当番だったので眠れるうちに寝ておこうと思ったのである。

いつもより3時間早く寝たからと言って、3時間早く起きるかというともちろんそんなことはなく、夜中の3時にいったん目が覚めたもののまた二度寝して結局起きたのは7時だった。かと言って、たっぷり寝たかというとあまりそんな感じもしない。普段と違う時間に無理矢理寝ても熟睡できない。

夜遅くまで勉強とも遊びともつかないことをだらだらとやってるんだったら、早く寝て早く起きて朝方やったほうがいいんじゃないかと思ったこともあるが、この調子だと仮に早く寝たとしてもその分寝てしまうだけで朝起きるわけでもなさそうだ。

そのおかげで昨日は記事を書けなかったのですよ、と言い訳。

|

« 5月の打ち上げ | トップページ | 科学は人類を不幸にしたか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/45225345

この記事へのトラックバック一覧です: はやねはやおき:

« 5月の打ち上げ | トップページ | 科学は人類を不幸にしたか »