« 科学は人類を不幸にしたか | トップページ | 足りないところを余ったもので埋める »

2009年6月 5日 (金)

「オオカミさんと長ブーツを履いたアニキな猫/洗濯中の天女の羽衣/とっても乙女な分福茶釜」


ちょっとネタが思いつかなかったので、常套の逃避手段である書評をば。
何度も書いていることだが、この作者の本は前作である「先輩とぼく」シリーズの時からのお気に入り。読み手を激しく選ぶのは間違いないけれど、好きな人にはたまらなく好きな本だろうなあ。

特にこのシリーズは下ネタが非常に多くて、ときとして「18禁ものなんじゃないか」と思うこともあるけど、最新巻ではどちらかというツンデレラブコメ路線に走りつつあるようだ。

|

« 科学は人類を不幸にしたか | トップページ | 足りないところを余ったもので埋める »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/45247225

この記事へのトラックバック一覧です: 「オオカミさんと長ブーツを履いたアニキな猫/洗濯中の天女の羽衣/とっても乙女な分福茶釜」:

« 科学は人類を不幸にしたか | トップページ | 足りないところを余ったもので埋める »