« 牛にひかれて善光寺参り | トップページ | 全百二巻 »

2009年6月15日 (月)

善男善女の群に混じる不信心者

飯を食って温泉につかって寝て起きてまた飯を食ったあと、宿を出て動き始める。
昨日は上田市内を歩いたのだが「もういいや」ということで一同意見の一致を見たので今日の予定をどうしようかと鳩首協議の末、長野に寄って帰ろうかということになる。帰京のための切符は企画者が手回しよく指定席を買ってある。おまけに旅行代理店でパック割引として買っているので変更がきかない。指定券を無駄にしたくないのであれば、スケジュールはその切符に拘束される。三十一だったらよほどのことがないかぎり直前まで指定席なんて買わないんだけどなあ。まあ今回は連れて来られている身なので文句は飲み込んだが。

宿をチェックアウトしたあと、昨日見かけた旧式電車を見るために一行から少し先行する。「ついでに切符買っておいて」と言われたが、自販機で5千円札が使えず窓口で買ったら硬券が出てきた。うわ懐かしい。最近みかけないなあ。記念にもらってこようかと思ったりもしたけど、まあ無理にとっておいてもしょうがないと上田駅を降りたときに渡してしまった。時間を元に戻そう。窓口で和服を着た女性駅員(どうも名物らしい)と話している間に一行に追いつかれ、入手した切符を配っておいて駅舎をぐるりとまわって旧式電車の写真を撮る。

P6150020

30分で上田駅に着き、長野までの乗車券と自由席特急券を買ってさて次の電車はと見ると30分以上時間があいていた。むむ、これだったらしなの鉄道で行ってもよかったかな。自分だけだったらそうしていたかもしれない。だが年寄りもいるので大人しく待合室で時間をつぶす。結果として、昨日来たのと同じ下り列車に、昨日の下車駅から乗り込むことになる。

長野新幹線はトンネルの多い路線ではあるが、上田の市街地を外れると信越本線(おっと)しなの鉄道と別れてトンネルに突入し、次に明かり区間に出るのは長野盆地に入るところである。トンネルを出てすぐ、左手にタンク車を連ねた列車が見え「篠ノ井かな」と思っていたらEH200を目撃。おお、EH200の実物を見るのはひょっとしたら初めてかなあ。新鶴見を通ったときに見たかなあ。ちょっと記憶が定かでない。

長野駅には何度か来たことがあるのだが、新幹線が開通してからは初めて。以前の面影はまったく残っていない。駅からタクシーを拾って善光寺へ。確かに巨大な門や巨大な本堂には迫力がある。門から本堂に歩く途中、坊主の行列が登場するとそれに向かって跪く善男善女の群。三十一の感覚からすると異様な光景だった。先頭を行く赤い袈裟の僧侶は露払いか。その後ろには金色だか紫色だかの袈裟を着たもっとも偉いと思われる僧侶と、それに続く従者が何人か。ご丁寧なことに、もっとも偉いらしい金色紫坊主にはわざわざ脇から日傘がさしかけられている。制服をきた警備員が、駆け寄って跪こうとする信者を制止するのかと思ったら、どうも「もっと近づかないと御利益がない」とでも言ってるのか、その行列の足下に誘導していた。なんだろうなあこの茶番は。

そんな光景を脇目で見ながら我々は本堂に上がったのだが、愉快なことに誰一人財布を出そうとする気配もない。誰も賽銭を出す気がないのだ。本堂の中には自動券売機があって、いくらか払うと本尊の近くまで行けるらしいのだが、賽銭も払う気のない人間がそんな金を払うわけもない。結局、善光寺境内では一銭も払わずに30分あまりでタクシーを拾って駅に向かう。何しに来たのかなあ。

駅で少し時間を潰して予定通りの東京行き新幹線に乗る。行きの電車は大宮から軽井沢まで無停車だったが、帰りの列車は安中榛名と高崎にも停まる。行きの列車ではどこが安中榛名駅なのかわからなかったのだが、帰りは停まるのでさすがにわかる。だけど、これ本当に新幹線の旅客駅ですかねえ。窓の景色を写真にとって、「これは北海道石勝線の信号場から撮った写真」って言っても疑われないんじゃないかな。これでも開業当初よりは開けたという話だが。

今回の旅行で思い知ったのだが、やはり女子と男子では旅行に求めるものがだいぶ違うように思える。違うのは男女じゃなくてお前とそれ以外の人間だ、と言われると反論できないのだが、それはともかく、一人で行く気ままな旅の醍醐味を知ってしまうと、今回のような人に合わせなければいけない旅はつらい。自分の行きたいところには行けないし、時間をかけたいところでも時間をかけられないし、その一方で三十一の主観的にはまったく無駄なことで時間をとられる。帰りの電車の中で「次はつきあわないから」と宣言した。どうも相手には通じていなかったようだが。

帰宅後、上田電鉄で乗った列車の列車番号を調べようと思ったが、「JTB私鉄時刻表」ですら列車番号が記載されていなかった。

今日の旅程:
別所温泉(1034)→上田(1103) 上田電鉄別所線 (7200系まるまどりーむ)
上田(1147)→長野(1200) 515E (E2系)
長野(1426)→東京(1612) 530E (E2系)

|

« 牛にひかれて善光寺参り | トップページ | 全百二巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196234/45352200

この記事へのトラックバック一覧です: 善男善女の群に混じる不信心者:

« 牛にひかれて善光寺参り | トップページ | 全百二巻 »